ローン

ステップアップ:ブラッドリー・コリンズ

アカデミー所属のローン移籍中の選手にスポットライトを当てるこのコーナー。今回はリーグ1のバートン・アルビオンに移籍中のブラッドリー・コリンズを紹介。

バートンのレギュラーとして活躍する21歳のGKは、カラバオ杯の準決勝マンチェスター・シティ戦の2試合でもスタメン出場。 

チェルシーアカデミーではFAユース杯、UEFAユースリーグを制覇。そんなコリンズが自身の進化、大観衆の前でプレーすること、ペップからのペップトークについて話してくれた。

ブラッドリー、シーズンここまではどう?

結果に関して言うと波があるかな。でもカラバオ杯準決勝の2試合を含めてここに来てからの多くのゲームは自分にとってポジティブなものだよ。去年ローン移籍していたフォレストグリーンでは多くのことを学んだ。ここでも経験を重ねていきたいね。

昨シーズン所属していたフォレストグリーン・ローヴァーズではリーグ2の残留争いを経験したけど、どうだった?

フットボールリーグから離れて他のところで試合するのは初めての経験だったんだ。フォレストグリーンはカンファレンスから昇格したばかりだったから環境面で難しいところがあった。シーズンのスタートは酷かったけど、少しずつ改善していって最終的に降格を免れることができたんだ。これはクラブにとって本当に良かったことだと思う。

リーグ1とリーグ2にはどんな違いがある?

リーグ1は少しクオリティーが高いと思う。あとはボールに集まるというより広がってフットボールしようとするチームが少しだけ多いと感じるね。それでもいくつかのチームはボールに集まるチームもあるよ。そしてアタッキングサードでの決定力も違うかな。
 

GKの視点で見るとどう感じる?

少しだけだね、そんなに違いはないよ。どんなボールもゴールに入れてはいけない。リーグ2では少しだけ果敢にシュートを打ってくるかな。それほど大きな差はないかな。

カラバオ杯ではベスト4に進出するなど躍進を見せたけど、まず1-0勝利した準々決勝ミドルズブラ戦について聞かせて…

最高だった。その時は実感がなかったけどね。ホーム以外での初めてのクリーンシートだったんだ。いいゲームをして勝利に値したと思うよ。試合では相手よりもいい内容だった。準決勝は大きな舞台になると思った。相手がチェルシーかトッテナムかシティだったからね。戦ったのはシティだった。

シティとの1st legで9-0と敗れたけど、2nd legでは1-0と盛り返した。2試合を戦った後の気持ちはどう?

2試合で自分たちはあの舞台に立ち、自分たちの力を発揮できたから少し安心したよ。相手にプレスをかけ、果敢に立ち向かっていったんだ。でもチャンスは少なかったね。エティハドで行われた1st legは本当にタフだった。2nd legが終わった後には6人のアカデミーの選手がピッチ立っていた。これはバートンにとって良かったと思うよ。

1st legが終わってからペップ・グアルディオラと話していたけれど、彼は何て言っていたの?

彼は、タフな試合だったけれどこのクラブに敬意を評してくれて、準決勝までの道のりを褒めてくれたんだ。そして頭をあげるように言ってくれた。
 

チャンピオンシップのチームを倒してきて、それをリーグでも続けたいとフラストレーションが溜まったことはない?

あるね。でも多くのチームがカップ戦でいい成績を残して、リーグ戦で苦戦するのはよく見ることだ。残りでできるだけ多くの勝ち点を積み重ねていきたいね。降格圏からは勝ち点が8離れていて、同時にプレーオフの順位からは勝ち点9しか離れていない。しっかりと戦っていきたいね。

ピッチ外で18ヶ月間どうやってローン生活に慣れたの?

ローン移籍する前から1人暮らしをしていたから、ローン移籍後もそれほど困ることはなかったね。少し料理するのにも慣れていたし、普通に生活できているよ。

毎週、観客の前でプレーするのを楽しんでる?

もちろん。アカデミー出身の選手としてはこれが最高なことだと思うよ。アカデミーの試合ではあまり観客はいないからね。例えばサンダーランドとプレーする時なんかは30,000人の観衆がいる。子供の頃夢見た大観衆の前でのプレーが現実となっているんだ。観客の声援を聞くとやっぱりモチベーションが上がるよね。しっかりとしたプレーを見せないといけないね。

ここ18ヶ月間、試合では良いフィーリングを感じている?

かなり感じているよ。昨シーズンは浮き沈みが激しかったけれど、今シーズンは安定した戦いを披露できている。これは自分にとってもポジティブな点だね。たくさんのことを試合で学んでいるけど、これまではいい感じだね。

シーズン残りの目標は何?

30試合以上に出場して、出来るだけ多くの試合でクリーンシートを達成することだね。

80分間10人で戦い抜いた苦しい試合であったオックスフォード戦でもクリーンシート を達成して見せたね…

そうだね。いくつかのセーブを見せたし、チームの週間最優秀選手にも選んでもらった。いい1週間だったよ。

 

チェルシーからその他