マッチプレビュー

得点力とマウリツィオ・サッリについて語るゴンサロ・イグアイン

マンチェスター・シティとの大一番を控え、ゴンサロ・イグアインは初ゴールからの勢いに乗りたいとしている。

前節ハダーズフィールド戦では、先制点を含む2ゴールで5-0の勝利に貢献したイグアイン。

エティハドに乗り込むチェルシーにとって、今夜もイグアインの決定力には期待したいところだ。

「もっとゴールを決めれば、自信も深まる。試合の感覚も掴めるはずだ」と前節の2ゴールを振り返るイグアイン。

「チームのためなら何だっていいよ。あの雰囲気でプレーできたのは良い経験だった。このチームならタイトルも狙えるはずだ」

「アタッカーなら特に、ゴールを決めることが何よりだよ。そのためにプレーしている。ゴールを決めても何も感じなくなったら、フットボールが楽しくなくなったってこと。でもそんな日は来ないだろうね」

マウリツィオ・サッリからの信頼が厚いイグアインは、2週間前の加入ながらもすでにスタメンの座に定着しつつある。

ナポリ時代もサッリのもと、記録的なゴールラッシュを果たしたイグアイン。チェルシーでも同様の活躍を期待したいところだ。

「よく知った仲だよ」と話すイグアイン。「自分のことをよく知っているからこそ、ベストを引き出してくれる。また最高のチームで一緒にできて嬉しいよ。クラブもスタジアムも素晴らしい。最高の経験をさせてもらっている」

「自分もよく知っている。あの頃の勢いを取り戻したいね。一緒なら出来るはずさ」

「イタリアで6年、色々と経験してきた。まだまだ出来たかもしれないが、イングランドでの挑戦は無視できないよ。チェルシーで、しかもマウリツィオと一緒なんて断れないね。最高のプレーで応えたい」

前節ではハダーズフィールドに勝利、シティがアーセナルを下したため再び4位の座に返り咲いたチェルシー。加入から数週間が経ったイグアインは、さらに自信を深めている。

「マウリツィオのもと、チェルシーは良いスタートを切った。無敗記録も続いたね。今はちょっと落ち込んでいるかもしれないけど、どこのチームにもあることだ」と話すイグアイン。

「でも今はシーズン当初の勢いを取り戻しつつある。監督の指示に、真剣に取り組んでいる様子を感じるね」

「この調子ならチームの目標は達成できるはずだ。チャンピオンズリーグ圏内の確保もね」

これまでアルゼンチン、スペイン、イタリアと経験を積んできたイグアイン。イングランドとの違いについては次のようにコメントした。

「ここでは常にトップコンディションを保ち、勢いに飲まれないようにしないとね。成長できる環境だと思う」と話すイグアイン。

「相手のミスを待っていちゃだめだ。トップレベルで90分間集中し続けないとね」

チェルシーからその他