マッチプレビュー

マッチプレビュー :マンチェスター・シティ v チェルシー - ヒストリー


ヒストリー

両者が初めて対戦したのは1908年4月。ハイド・ロードに詰めかけた40,000人の観客を前にチェルシーが3-0でマンチェスター・シティを破ってみせた。シティの本拠地へ乗り込むのは日曜日の対戦が74回目となる。

チェルシーはシティ相手のアウェイゲームで2度にわたって4-1と勝利を手にした。1933年5月の対戦ではヒュー・ギャラガーがハットトリックを達成。翌日の新聞には「チェルシーのストライカーが2度にわたってシティ守備陣を切り裂いた」「(シティのGKレン・)ラングフォードをかわし、無人のゴールへと流し込んだ」と記されている。

1966年10月の対戦では4人の異なった選手がネットを揺らす。ボビー・タンブリング、ジョー・カーカップ、当時19歳のピーター・オスグッド、そしてこの試合でデビューを飾ったトミー・バルドウィンだ。ブルーズはこの勝利でディヴィジョン・ワン首位をキープしている。

シティ相手に最後にダブルを達成したのは2016/17シーズン。後にリーグ王者となるアントニオ・コンテ率いるチェルシーは前半終了間際にギャリー・ケイヒルのオウンゴールで先制点を与えてしまう。

しかし後半はチェルシーが圧倒。カウンターから3点を決めると、シティは終盤に2人の退場者を出すなど崩壊。チェルシーが3-1と大きな勝利を手にした。この試合をハイライトで振り返ろう。

シティはチェルシー相手のリーグ戦ここ5試合で2勝3敗。合計4点を記録しているが、1試合で2点以上を決めた試合はなし。

ブルーノート

2013年2月10日、チェルシーのジョン・ミケル・オビ、ヴィクター・モーゼス、ケネス・オメルオがナイジェリア代表として3度目となるアフリカネーションズ杯制覇。その3ヶ月後、ミケルとモーゼスはチェルシーでヨーロッパリーグ制覇に貢献することとなる。

12月8日の対戦ではスタンフォードブリッジにてチェルシーが2-0とシティを下した。前半終了間際にエンゴロ・カンテが先制のネットを揺らすと、78分にはコーナーキックからダヴィド・ルイスが追加点を決めている。

チェルシーはプレミアリーグでのシティ戦アウェイゲームここ9戦で2勝だ。

シティ戦アウェイゲームでの最多得点勝利

マンチェスター・シティ 6-2 チェルシー 1977年11月26日

マンチェスター・シティ 1-4 チェルシー 1933年5月3日、1966年10月1日




 

チェルシーからその他