マッチプレビュー

ブライトン vs チェルシー - スタッツ

新年最初の試合はサウスコーストにて。ブライトン戦をデータでプレビューしよう…

ブライトン vs チェルシー直接対決

ブライトンとは9月28日にスタンフォードブリッジで対戦。この試合ではジョルジーニョとウィリアンのゴールでチェルシーが2-0と勝利した。

チェルシーとブライトンがリーグ戦で対戦するのは今日がわずかに10試合目(トップディヴィジョンでは6試合目)。カップ戦も含めれば通算14試合目だ。

チェルシーはリーグ戦ではブライトン相手に勝率100%。通算13試合11勝という成績だ。

ブライトンがリーグ戦で対戦したチームのうち、チェルシーは唯一勝利したことのない相手だ。

ブライトンはチェルシー相手に公式戦11連敗中。2ゴール25失点という内容だ。

チェルシーはブライトンとのアウェイゲームで5勝しているが、これらはいずれも異なる監督のもとで記録されたものだ:デイヴ・セクストン、ジョン・ニール、ボビー・キャンベル、アントニオ・コンテ、マウリツィオ・サッリ

ブライトンが最後にブルーズを下したのは1932/33シーズンのFA杯3回戦(両クラブ初対面)。チェルシーではジョージ・バーバーがネットを揺らしたが、試合はブライトンが2-1で勝利している。


両チームの最多得点勝利

ブライトン 0-4 チェルシー 2017/18 プレミアリーグ
ブライトン 2-1 チェルシー 1932/33 FA杯
 

チェルシーの2019年

プレミアリーグの成績
38試合19勝7分12敗

2019年、ブルーズは2018年と比較して4試合多くを戦った。

最多出場時間を記録したのはケパ・アリサバラガ(5,391分)

最多ゴールを記録したのはタミー・エイブラハム(14ゴール)

 

最近のチェルシー

プレミアリーグにおいて、チェルシーはアウェイゲーム最近9試合で7勝。アウェイでブルーズ(21ポイント)よりも多くの勝ち点を稼いでいるのはリヴァプールだけだ(25ポイント)。

チェルシーは新年最初のリーグ戦において、最近5年間で1勝のみ - 2016年にはクリスタルパレスに3-0で勝利。それ以外は2分2敗という成績だ。

今シーズンのプレミアリーグで12ゴールを挙げているタミー・エイブラハムは、チェルシーに勝ち点12をもたらしている。この記録を上回る選手はいない(ピエール=エメリック・オバメヤンとサディオ・マネが同記録)。
 

マイルストーン

セサル・アスピリクエタはキャプテンとしてチェルシー通算100試合スタメン出場目前だ。

クル・ズマは次の試合でブルーズ通算100試合、エメルソンは次の試合でブルーズ通算50試合出場達成だ。

ブライトンのスタッツ

プレミアリーグにおける今シーズンのスタッツ
最多出場:ボーン 20、モペイ 20、ライアン 20
最多ゴール:モペイ 7、ウェブスター 3
最多アシスト:グロス 4、トロサール 3、ダンク 2
最多クリーンシート:ライアン 5


ブライトンは新年最初のリーグ戦10試合で1敗のみ。2016年にはウルヴズに0-1で敗れている。その他は6勝3分だ。

ブライトンは試合日を4位以上で迎えたチームを相手に17戦1勝2分14敗。2018年5月にマンチェスター・ユナイテッド相手に1-0で敗れて以降、そうした試合では11連敗中だ。

ブライトンはリーグ戦ホームゲームここ7戦4勝。アメックススタジアムで行われたそれ以前の18試合と同じ勝利数を記録している。

プレミアリーグ得点者

チェルシー:エイブラハム 12、マウント 5、プリシッチ 5、ウィリアン 4(1PK)、カンテ 3、ジョルジーニョ 2(1PK)

ブライトン:モペイ 7(1PK)、ウェブスター 3、コノリー 2、ダンク 2、トロサール 2

その他

出場停止はなし

プレミアリーグでは、32試合経過までに警告を10枚受けると2試合の出場停止となる。

プレミアリーグ警告数

ブライトン:ダンク 6、スティーブンス 5、バーン 3、モントーヤ 3、プロッパー 3、グロス 2、ウェブスター 2、アルザーテ 1、ビスマ 1、マーチ 1、モペイ 1

チェルシー:ジョルジーニョ 8、コヴァチッチ 5、アロンソ 3、カンテ 3、マウント 3、トモリ 3、エイブラハム 2、クリステンセン 2、リュディガー 2、ウィリアン 2、ズマ 2、エメルソン 1、ハドソン=オドイ 1

 

主審およびVAR

主審:グラハム・スコット
VAR:リー・メイソン

グラハム・スコットは0-1で敗れたボーンマス戦、5-2で勝利したウルヴズ戦でチェルシーの試合を担当していた。




チェルシーからその他