インタビュー

カバジェロがランパードの指導や若手選手に言及

FA杯でクリーンシートを達成したウィリー・カバジェロが、フランク・ランパードとの関係や次の世代への想いを語った…

リオネル・メッシやエデン・アザールとともにプレーし、ペップ・グアルディオラやフランク・ランパードの指導を受けるカバジェロ。アルゼンチン、スペイン、そしてイングランドで20年にわたって現役生活を続ける38歳のカバジェロがチェルシーでの今シーズンについて話してくれた。

2週間連続でミッドウィークに試合がないのは11月の代表ウィーク以来。ブルーズの面々は過密日程の疲れを癒している。

現在トップ4で、5位とは勝ち点5差のチェルシー。カップ戦ではハルやバイエルン・ミュンヘンとの試合が控える。今シーズンのカップ戦では3試合に出場したカバジェロが、ランパード監督との関係を語った。

「イタリア出身の監督のもとで2シーズンプレーして、彼らから多くを学んだよ。フランクの指導やトレーニングは全く異なっていて、彼のもとでトレーニングするのは楽しいね」

「もちろん選手としてやらなければいけないことはあるけど、平日はトレーニングを楽しみたいね。自分たちはプロだから、面白いことばかりではないよ。ただ、シュート練習や試合、テクニックのトレーニングは楽しいね」

「優れた監督のもとで、自分はただ勝利のためにトレーニングしていたし、勝利のためにプレーしていた。でも、フランクのもとではスキルのトレーニングもするんだ。プロの選手たちはすでにレベルが高いし、彼らを成長させることは難しいと考える監督もいる。でも、ランパードはそれを可能にしているよ」

マンチェスター・シティ在籍時の2014/15シーズンには、ランパードとチームメイトだったカバジェロ。今シーズン序盤には、選手同士の関係から監督との関係に切り替えるまでに時間がかかったようだ。ただ、今はすでに監督と選手としての関係を築いている。

「自分はフランクとチームメイトだったし、チームの中には同じような選手がいる。シティではお互いに良い経験ができたよ」

「フランクが監督になって、シーズンの序盤は不思議な感覚だったよ。今は彼の話を聞いて、トレーニングに生かしている。それに慣れるまでは数時間かかったね!」

「まず、監督として彼をよりリスペクトしなければいけない。チームメイトとしてドレッシングルームをともにした経験が無くなることはないが、今は新たなチャプターに進んだんだ。彼にとっても、自分にとってもね」

「フランクの選手時代を知っているからね。フランクはチームのことを信じているし、だからこそトレーニングが必要だ。ファンタスティックな経験だよ」

来年で40歳の誕生日を迎えるカバジェロ。チェルシーの中でもベテランの一員であるカバジェロは、自身の経験を次の世代へ伝えようとしている。

「メッシやセルヒオ・アグエロなど、優れた選手たちとトレーニングできたのは幸運だったね。もちろん、昨シーズンのエデン・アザールや、今シーズンのウィリアンもね。今のチームの若い選手たちは才能に溢れていて、輝かしい未来が見えるよ」

「最も大切なことは、周囲のものに踊らされないことだね。それこそがフランクが求めるものなんだ。若い選手たちがお金について話していることを聞くことはないし、それはファンタスティックだよ。彼らはフットボールの話をしていて、勝利を求めている。ドレッシングルームの雰囲気は最高だ」

「経験豊富な選手として、トレーニングでは若い選手を助けたり、助言をすることが必要になる。多くのシーズンを経験しているから、それを彼らに伝えないとね。ただ、それが必要ではない選手もいるよ」

「彼らは皆、よくプレーしている。中でもメイソン・マウントは好きだね。良いプレーをしているし、周囲に耳を傾けている。チェルシーやイングランドにとって、最高の才能だよ」

チェルシーからその他