ニュース

ランパードが欠場選手や1月の移籍市場に言及

フランク・ランパードがバーンリー戦へ向けた記者会見に臨んだ。クリスティアン・プリシッチとマルコス・アロンソは欠場するようだ。

アロンソは筋肉系の怪我から回復途中だが、バーンリー戦には間に合わない見通し。プリシッチも怪我から復帰できていない。

「クリスティアンは数週間離脱するだろう」ランパードは話す。「ノッティンガム・フォレスト戦前の怪我から復帰するにはまだ早い。鼠蹊部の怪我で、少し時間がかかるだろうね」

「マルコス・アロンソの状態は良くなっている。トレーニングには参加したが、明日の試合ではまだ難しい。ルベン(・ロフタス=チーク)はまだ復帰できる状態ではないが、アカデミーなどで少しずつフットボールのトレーニングを始めたいところだね」

1月の移籍市場に関する質問を受けたランパード。まずはオリヴィエ・ジルーの去就に関してだ。

「それに関しては、フォレスト戦の後に伝えた通りだ。皆にとって良い選択かどうかが大切だよ。彼はまだ契約の途中だからね。その後で、彼が別のチームへ行くかを決めるだろう。彼は優れたプロフェッショナルな選手だが、自分たちはクラブのためにも決断を下さなければいけないし、まだ何も決まっていない」

「皆がオリヴィエに関して話しているから、自分もそこに加わろうとは思っていないよ。彼の代理人はクラブと話をしたが、自分たちが決断を下すまでは、何も起こらない」

ランパードはムサ・デンベレに関する質問にも答えている。

「自分もクラブも、彼のことをよく知っている。ただ、自分がほとんど話をしていないのに、これだけ彼の名前が噂になるのは驚きだね。それは他の選手に関しても同じだよ」

「最近のホームゲームで得点を奪えていないから、前線を強化したいと考えている。ただ、それは簡単なことではないし、今の優れたチームをより向上させることができると確信しない限りは、移籍市場で動いたりはしない」

「現段階では何も決まっていない。今日も明日も、ビッグニュースはないだろう」

ランパードはアンドレアス・クリステンセンがスタンフォードブリッジでプレーを続けるとした。

「彼はこのチームに残る。アンドレアスは選手として好きだし、彼とともにトレーニングをして、才能も理解しているし、ベストな選手になってほしいと思っているよ。彼の身長や身体能力、オンザボールでの質の高さ、特にパスセンスを見れば、それがわかるはずだ」

「現実的には、センターバックの競争は激しい。多くの試合で、センターバックのうち2人はベンチスタートとなる。ただ、これは全ての選手に言えることだが、彼らは成長できると信じているんだ」

「アンドレアスはアストンヴィラ戦で活躍していた。アンドレアスはフィジカル能力の高い相手に対して必要な選手だ。彼にはそうした強みがあるし、最高のセンターバックになれる資質があるはずだよ」

ホームで4戦3敗という結果に対し、ランパードは次のようにコメント。

「ウェストハム戦、ボーンマス戦、サウサンプトン戦を振り返れば、ファンの前で敗れることは悔しいと感じるよ。3試合で50ものチャンスを作ったが、得点は0だ。プレミアリーグでは、ゴールを決めることができなければ、相手にチャンスを与えてしまうことになる」

「ホームゲームでのチャンスを生かす必要があるよ。アンラッキーだったと言うことは簡単だが、それを改善しなければいけないんだからね」

「トレーニングでは相手ゴール前の局面にフォーカスしているが、相手ゴール前では直感が必要なこともある。試合の多くの局面を支配しているのに、相手を崩すことができていないからね。リヴァプールのように相手ゴール前に進入する回数は多いが、ホームではそのチャンスを生かすことができていないんだ」

チェルシーからその他