ニュース

エイブラハム:ハードワークと楽しむこと

タミー・エイブラハムがバーンリー戦に向けチームがトレーニングで行ったこと、そして3-0の勝利を振り返ってくれた。

エイブラハムは現在チームトップとなる公式戦15ゴールを決めているが、そのうち13ゴールがプレミアリーグで奪ったものだ。今回の試合ではジョルジーニョのPKの後にヘディングでのシュートを叩き込んだ。またこのゴールの後にはカラム・ハドソン=オドイのプレミアリーグ初ゴールも決まっている。

見事なプレーを見せバーンリーに3-0で勝利したが、同チーム相手に1シーズンのホームとアウェイで勝利を収めたのは2009/10シーズン以来となる。 またさらにスタンフォードブリッジでの勝利は12月の初旬以来となった。

「ホームでの成績が良くないってことは知っていたし、これを改善しないといけなかった」と試合後に話したエイブラハム。「アーセナルに勝利してブライトンには引き分けた。ホームの観客を喜ばせるために良いパフォーマンスを披露しなきゃいけなかったんだ。この試合のためにトレーニングをしっかりと行ったよ。結果として出てくれたね」

「自分たちもプレーを楽しむことができた。良いパフォーマンスを披露できたんだ。トレーニングではボックス内に入る動き、チャンスを作ること、違った動きを練習したんだ。しっかりと試合に出すことができたね。これを継続させたい」

「ゴールを決めたい。みんなもゴールシーンを見たいはずだ。ハットトリックを取るべきだったと思っている。他の日にはもっとゴールを奪える日もあるね。これを改善していきたい。この勝利はただの1勝にすぎない。これからも多くの試合がある」

マンチェスター・ユナイテッドも勝利を収め、チャンピオンズリーグ出場権をかけた順位争いは勝ち点差5のまま。しかしエイブラハムは先を見ているようだ。

「プレミアリーグはレベルが高い。とにかく頑張り続けるだけだよ」と加えたエイブラハム。「このためには勝利しづけることが大切なんだ」

チェルシーからその他