分析

データデイ:チェルシー vs バーンリー

快勝したバーンリー戦では選手それぞれが活躍。特にウィリアンが並外れた数字を披露…

18本のシュートのうち8本が枠へ。また6本がブロックされた。そして14本がオープンプレーから生まれたシュートで、5本がエリア外から放たれた。

バーンリーのシュートの7本のうち3本が枠をとらえた。

ウィリアンがゲーム最多の5本のシュートを放つと、タミー・エイブラハムが4本のシュートを放った。またエイブラハムはゴールも奪っており、プレミアリーグでは13ゴールを奪っているが、1シーズンでこのゴールよりも多くのゴールを奪ったイングランド人選手はフランク・ランパードのみ(3回)。

ボールをも支配したチェルシーは65.5%のポゼッションを誇り、4人のDFがボール保持で最長を記録。続くのはウィリアンだ(6.4%)。

ウィリアンはまた最多のタッチ数(73回)を記録し、セサル・アスピリクエタが最多の数(107回)を記録した。

パス成功率ではメイソン・マウントがベストとなる93%を記録。ロス・バークリーが90%。

チームとしての成功率は84%で、バーンリーは69%だった。

アントニオ・リュディガーが最多のパス(68本)を誇ると、アスピリクエタが(63本)で続いた。

マウント、カラム・ハドソン=オドイ、リース・ジェイムズが3本のキーパスを記録。

ウィリアンが2本のキーパスを記録すると、チーム最多のドリブル成功数2回を記録した。バーンリーのドワイト・マクニールがゲーム最多の数字(5回)を記録した。 

バーンリーは34回の空中戦で勝率59%を記録(20回)。クリス・ウッドが勝利数9回を記録した。アントニオ・リュディガー、アンドレアス・クリステンセンがそれぞれ4回勝利。

ウィリアンは最多のタックル数も誇り、3回中3回タックルを成功させた。マウント、アスピリクエタ、クリステンセン、ジェイムズがそれぞれ2回のタックル成功数を記録。

バークリーとアスピリクエタが2回のインターセプトを記録した。

チェルシーからその他