分析

データデイ:ニューカッスル vs チェルシー

アウェイで敗れた一戦をデータで振り返っていこう…

19本のシュートを放ったチェルシー。4本が枠を捉え、7本が枠外へと飛んだ。残りの8本はブロックされている。また11本はエリア外から放たれたものだ。

ニューカッスルは7本のシュートを放ち、枠へ飛んだのはその内2本。1本はバーに阻まれた。

ウィリアン、タミー・エイブラハムが4本のシュートを放ち、続いてセサル・アスピリクエタが3本のシュートを放った。

ポゼッションでは69.9%を記録したが、ジョルジーニョがボール最多保持を記録(11.5%)。ウィリアンとアンドレアス・クリステンセンがそれぞれ7.6%を誇った。

スタメン選手の中でジョルジーニョはパス成功率でもトップ。92%を記録。最多の103本のパスを成功させ、129回という最多タッチも記録した。また、4回のインターセプトもトップの記録だ。

キーパスではメイソン・マウント、ウィリアンが4本でトップ。

カラム・ハドソン=オドイを含め3人がドリブル成功数2回を記録。

50回の空中戦の内、ニューカッスルが勝率58%を記録。ジョエリントンがトップの14回勝利。クリステンセンがチームトップの勝利回数である8回を誇った。

リース・ジェイムズはゲーム最多の5回のタックルを成功。またこの数字はチームのタックル成功数の3分の1だ。ニューカッスルは13回タックルを成功させた。

また、ニューカッスルは40回のクリアを記録(一方のチェルシーは9回)。ラスセルズが最多の11回を誇る。

ニューカッスルのコーナーキックはわずかに1回だったが、最終的には決勝点につながった。チェルシーは10回。

8回のシュートをブロックしただけでなく、ニューカッスルは9回クロスを跳ね返した。

チェルシーからその他