クラブパートナー

Threeがチェルシーの新たな公式ユニフォームパートナーに

数字の3といえば、フットボールとのつながりは深い。リーグ戦やグループステージで勝てば手にできる勝ち点も3だ。そしてチェルシーサポーターにとってこの3という数字は、来シーズンからの公式ユニフォームパートナーとなるThreeという新たな意味も持つこととなる。

2020年、さらなる成功を目指しプレミアリーグと通信業界のブランドが手を組む。まずは2020/21シーズンから3シーズン、ウィメンやアカデミーを含むチェルシーのユニフォームにはThreeのロゴが入る。チェルシーファミリーの新たな顔となるはずだ。

イギリス国内におけるThreeといえば、2003年の3G黎明期から始まり、今では2019年から始まった5G対応で圧倒的なシェアを誇る。今回のパートナーシップを機に、まずはスタンフォードブリッジでの5G解禁が始まる予定だ。

Threeとのパートーナーシップ提携はチェルシーにとって経済的な後押しとなるだけでなく、お互いの関係性がフィットし、新たなユニフォームにも大きな期待が持てるはずだ。

チェルシーフットボールクラブのチーフ・エグゼクティブであるガイ・ローレンス氏は「携帯電話技術は、フットボールクラブやサポーターのコミュニケーションと同じように進化を続けてきた。そういう意味で、今回のチェルシーFCとThreeのパートナーシップ提携は自然な流れだろう」とコメント。

「我々には1億人を越えるソーシャルメディアのフォロワーと、400万ダウンロード近い公式アプリのThe 5th Standがある。ウィメンやアカデミーの試合はライブ配信、ファーストチームについては試合後すぐにハイライトを配信している。こういった面でも、サポーターにとって今後通信技術の発展は大きな意味がある。Threeは5Gネットワークの最先端を走り、チェルシーサポーターのデジタル体験を牽引してくれるだろう」

「我々と同じ情熱を共にするThreeというパートナーを見つけることができて、またこのブランドがユニフォームを飾ることになって嬉しいよ」

またThree UKのCEO、デイヴ・ダイソン氏は次のようにコメント。

「チェルシーFCとは同じ志を共にする。同じ価値観を持ち、そして勝利のためにプレーしている。今回のパートナーシップは飛躍の2020年の第一歩となる。我々はイギリスに最速の5Gネットワークを普及させ、チェルシーは最高のチームを作り上げるんだ」

「チェルシーFCはひとつのクラブに沢山のチームが存在している。ファーストチームだけでなく、ウィメンやアカデミーまでもカバーすることがこのスポンサーシップで大切な部分だ。Three UKが誇る5Gネットワークは世界でも10指に入るものだ。顧客の皆さんには最高品質の5Gを楽しんでもらえる。この先、勝利のメッセージを伝えるチームとして共に戦いたいね」

 

チェルシーのThreeは、ここから共に新時代へと突入する。チェルシーは母国出身のタレントを揃えた新世代のトップクラブへ、そしてThreeはイギリス国内でのマーケットを席巻するため、互いに明るい未来を見据えている。

今シーズンは5年間、素晴らしい時代を共に過ごした公式シャツパートナーであるヨコハマとの締めくくりのシーズンとなるが、ヨコハマは今後も公式タイヤパートナーチェルシーとの関係性を続けていく。

最後に、来シーズンからパートナーとなるThreeについて知っておきたいことを3つにまとめたので見てもらおう。

  • 17年前に、イギリス国内最速の3Gネットワークを提供。現在は人から人、人からモノ、モノからモノを繋ぐ通信事業として1000万人以上の顧客を誇る。

  • Threeの顧客は平均で他社より3.5倍のモバイルデータを使用している。その数字は平均で月10GB以上であり、イギリスの人口の99%をカバーするネットワークだ。

  • Threeはモバイル・チョイス・コンシューマー・アワードにてベストネットワーク・フォー・データ賞、uSwitchではベストネットワーク・フォー・ローミング賞、モバイル・インダストリー・アワードではベスト・ハイ・ストリート・リテイラー賞を受賞している。

チェルシーからその他