クラブパートナー

ヨコハマと2020年7月から新たなパートナーシップを契約

ヨコハマがチェルシーのオフィシャルシャツパートナーとなってもうすぐ丸5年。数々の成功を支えてくれたヨコハマは、オフィシャルグローバルタイヤパートナーとしてチェルシーとの関係を続けていくこととなる。

ヨコハマのブランドを身に纏ったこの5年、チェルシーは多くのタイトルを獲得。2016/17シーズンにはプレミアリーグ、2018年はFA杯、そして昨年のヨーロッパリーグで優勝している。チェルシーウィメンはリーグ戦とカップ戦で二冠を達成、アカデミーもFAユース杯での快進撃を続け、欧州王者にも輝いている。一方のヨコハマも国際的なブランドとしての地位をより強くし、認知度も向上。世界で名の知られたブランドとして、戦略的市場における消費者とのつながりを強め、販売を拡大するという新たな目標に焦点を絞り、チェルシーとのパートナーシップを継続することとなる。 

チェルシーのコマーシャルダイレクター、クリス・タウンゼントは「ヨコハマとのパートナーシップの継続を発表出来てとても嬉しく思います。思い出深い勝利や優勝の瞬間を共に味わってきたこのユニフォームに刻まれたヨコハマというブランドは、クラブの誇るべき歴史にしっかりと組み込まれています。今後も世界中でのヨコハマとの協業を楽しみにしており、彼らの高い認知度を最大限に活用し、新しい目標を達成することを願っています。」とコメント。 

また横浜ゴム代表取締役社長の山石昌孝氏は「チェルシーのような世界屈指のサッカークラブとパートナーシップを結び、そのユニフォームに5年間弊社のロゴが掲示されたことを光栄に思います。ヨコハマとチェルシーは、「高性能」「革新」といった多くの共通の価値を世界中のファンやお客様と共鳴させてきました。ここまで共に数々の成功を共有してきたからこそ、今回の新たな契約締結により、このパートナーシップを継続できることを嬉しく思います。」と加えている。 

チェルシーからその他