ローン

あっちこっちチェルシー:ジャマル・ブラックマンがクリーンシート

FA杯を含めブルーズのローン戦士たちの活躍をチェック。ジャマル・ブラックマンがスタメン出場を果たしている。

国内組

FA杯4回戦が行われ多くのローン移籍中の選手たちが出場。

ジェイク・クラーク=ソルターが異なる大会のアウェイゲームでプレー。ミッドウィークのミドルズブラ戦は1-1の引き分けに終わり、コヴェントリー戦はゴールレスのドローとなっている。

コヴェントリーは今季をセント・アンドルーズをホームとして戦っているが、バーミンガム戦をセント・アンドルーズ・スタジアムで戦うことをバーミンガムが許可してくれたことに関して感謝の意を表している。再試合は来週行われる。

マット・ミアズガもFA杯4回戦に出場。キャプテンマークを巻いて66分間でプレー。ホームでカーディフと1-1の引き分けに終わった。ミアズガは足首の怪我のために負傷交代となっている。

チャンピオンシップではスウォンジーのコナー・ギャラガーとマーク・グエヒがストーク戦にスタメン出場。ギャラガーのシュートがバトランドのファインセーブに合うなど2-0で敗戦。チームはプレーオフ圏内から勝ち点が1離れている。

リーグ1ではジャマル・ブラックマン(トップ写真)がフリートウッド戦に出場。見事なセーブを披露したものの、チームはゴールレスのドローに終わっている。

リチャード・ナーティはラスト15分のところから途中出場。ミッドウィークのMKドンズ戦に出場し1-0の勝利に貢献している。出場のなかったバートン・アルビオンは1-1の引き分け。

リーグ2はジョシュ・グラントがチームの2-1の勝利に貢献。チームは自動昇格圏内へと浮上した。

スコットランドプレミアリーグではウィンターブレイクに入っているが、ネイサン・バクスターが2試合に出場。ハーツ戦では0-0とクリーンシートを達成したが、首位のセルティック戦では3-0と敗戦した。

海外組

ティエムエ・バカヨコはフランス杯ラウンド32で途中出場を果たすと3-1の勝利に貢献。その後のリーグアンではフル出場。

アタランタはホームでSPAに2-1で敗戦を喫したが、7-0と大勝したトリノ戦ではマリオ・パサリッチは途中出場。チームはチャンピオンズリーグ出場圏内をキープしている。

スペインではババ・ラーマンが3-1と敗れたレアル・サラゴサ戦に出場。

ファン・カスティージョはアヤックスのU21で2試合に出場。ドルドレヒト戦では2-0で勝利すると、NECナイメヘン戦は3-3の引き分けに終わっている。NECナイメヘンに引き分け、首位から陥落した。ローダJCのアイク・ウグボは2試合にスタメン入り。しかし2敗を記録し、最下位からはわずかに勝ち点が3しか離れていない。

チェルシーからその他