ニュース

メディアウォッチ:ペドロが日本移籍か?元ブルーズのスターが選手獲得を助言

チェルシーに関するニュースをチェック。契約終了が迫るペドロはアジアかアメリカ行きが噂される。元チェルシーのアラン・ハドソンはジャック・グリーリッシュの獲得を助言。

情報はいずれも外部メディアのもので、チェルシーフットボールクラブの見解や立場に則ったものではありません。

ペドロが移籍?

Goal.com(英語)によれば、ペドロがシーズン終了後に日本かアメリカへ行くことが噂されているようだ。

同サイトはペドロがJリーグのヴィッセル神戸からオファーを受けていると報道。ヴィッセル神戸はバルセロナでチームメイトだったアンドレス・イニエスタがキャプテンを務めるクラブだ。また、アメリカの2クラブからもオファーを受けているとのこと。

同サイトは「ペドロはヴィッセル神戸からオファーを受けており、スタンフォードブリッジを離れる日も近いだろう」と報道。

「32歳のペドロはチェルシーとの契約が残り6ヶ月。メジャーリーグサッカーのインテル・マイアミとニューヨーク・シティFCも興味を持っている」

「神戸はダヴィド・ヴィジャやアンドレス・イニエスタ、トーマス・ヴェルマーレンといったビッグネームを獲得しており、フェルナンド・トーレスもサガン鳥栖でプレーした。最近の数シーズンで、ビッグネームがJリーグへと活躍の舞台を移している」

「また、母国スペインからのオファーも受けている様子だ」


ハドソンがグリーリッシュの獲得を助言

caughtoffside.com(英語)のインタビューによれば、元チェルシーのアラン・ハドソンはブルーズに対し、アストンヴィラでプレーするジャック・グリーリッシュを獲得すべきと語った。

ハドソンは24歳のグリーリッシュについて、相手ゴール前で脅威となり、得点力不足に悩むチェルシーにとって有効な補強であると語った。

「彼のプレーをよく見ているよ」ハドソンがコメント。

「グリーリッシュほど、攻撃面で脅威となるミッドフィルダーはいないだろうね。相手をかわして、ゴールを決める能力がある」

「チェルシーはエデン・アザールを放出して以降、選手を補強していない」

「ジャック・グリーリッシュは良い選択肢だと思うよ」


シュールズベリーはチェルシーとの対戦について、リヴァプールを下すモチベーションになるとコメント

シュールズベリーのミッドフィルダー、ジョシュ・ローレントはFA公式サイト(英語)に対し、FA杯5回戦に言及。リーグ1のシュールズベリーは4回戦再試合でリヴァプールを下せば、5回戦でチェルシーと対戦することになる。

シュールズベリーは2点のビハインドを追いつき、リヴァプールと2-2のドロー。再試合は来週、アンフィールドで行われる。

シュールズベリーとリヴァプールの勝者が、次のラウンドではスタンフォードブリッジでブルーズと対戦することに。ローレントはプレミアリーグで首位を走るリヴァプール相手に、より一層モチベーションが高まったと考えているようだ。

「信じられないし、これがカップ戦だよ。ビッグゲームだね」リヴァプール戦でPKを獲得したローレントが話す。

「前のラウンドではブリストルと再試合までもつれて、リヴァプールと戦いたいというモチベーションがあった」

「今回もモチベーションが高まるね。アンフィールドで勝利したい」

チェルシーからその他