インタビュー

ジョルジーニョ:最初と最後と現在と

選手の過去や現在に迫るインタビュー企画。 今回は副キャプテンのジョルジーニョが1日中釘付けになった番組、休暇の過ごし方、車の免許試験のプレッシャーなどについて語ってくれた...

最初:初めて着たフットボールのユニフォームは?

「正直、1番最初は覚えてないよ。でも多分ブラジル代表のユニフォームだったかな。両親がプレゼントしてくれて、写真で見たから覚えている。ブラジルの子どもはみんな代表のユニフォームを持っているのさ。10番のやつだったよ」

最後:自分がプレーしていないチームのユニフォームを着たのはいつが最後?

「だいぶ昔の話になるけど、プロになる前にミランのカカのユニフォームを着ていたよ」

現在:今も持っているユニフォームは?

「子供の頃のユニフォームは1枚も持っていないんだ。でもプロになってからの毎シーズンはユニフォームを取ってある。自分のと相手選手のをね。だから家にはたくさんのユニフォームがあるよ」

最初:今朝、最初に口にしたものは?

「水だよ」

最後:ベッドに入る前にすることといえば?

「水を飲むことさ!これが大切なんだ。1日の終わりに食べるのはパスタだよ」

現在:今、一番よく食べているものは?

「おそらく卵。パンもいっぱい食べるね」

最初:初めて好きになった映画は?

「今でも大好きで、グラディエーターっていうやつさ。アクション映画が好きでグラディエーターにもたくさんのアクションシーンがあるんだ!とても面白くて子供の頃から大好きだよ」

最後:最後に見た映画、もしくはTV番組は?

「今でもそのシリーズを見ているよ。クイーン・オブ・ザ・サウスっていう続編でメキシコ麻薬戦争の話なんだ」

現在:今までで一番見たものは?

「繰り返して見たものはないけど、1番早く見終えたシリーズはプリズン・ブレイクだね。見だしたら止まらなくて、終わるまで1日中見ていたよ」

最初:少年時代に旅行した場所は?

「自分の出身地であるインビトゥバはとにかく休日を過ごすのにぴったりな場所なんだ。自分は裕福な家庭でもなかったから、遠くに出かけることもなかったんだ。インビトゥバは美しいビーチと太陽があってお金もかからない。休日を過ごすのにぴったりな場所だよ!」

最後:最後に休暇で訪れた場所は?

「6月にブラジルに帰ったよ。今シーズンの休暇で行けていないから、冬の休暇で大好きな故郷に帰りたいと思っている。さっき言ったように素晴らしい場所だからね。今は故郷を離れて生活しているから、家族や友人に会えることが何よりさ」

現在:一番よく行く場所は?

「やっぱりインビドゥバだね。時間があればいつでも帰るよ」

最初:初めて使った携帯電話は覚えてる?

「うん。グレーの二つ折りの携帯電話さ。LGでその時はすごく良かったけどネットに繋がらないんだ。メッセージとメールの機能しかなかったね」

最後:最近インストールしたアプリは?

「ちょっと前のことになるけど、Deliverooっていうやつだね。よく使うし、欠かせないね」

現在:スマホを一番使うのはどんなとき?

「Instagram。それかWhatsAppかな。」

最初:初めて買ったビデオゲームは?

「任天堂でスーパーマリオとフットボールのゲームを買ったけど名前は覚えていないな」

最後:最後に遊んだビデオゲームは?

「ゲームはあまりやらないんだ。子供が2人もいるとそんな暇なんてないよ」

現在:誰と一緒に遊んでる?

「チームメイトじゃなくて友達かな。家でしか遊ばないからね」

最初:運転免許の試験は一発で合格した?

「一発で合格したよ。母親が教習所で働いているから運転のスキルは教わっていた。運転の仕方はわかっていても細かいところまで見られるから、試験は緊張したね。試験はイタリアで受けたよ。父親も小さい頃の自分を膝に乗せて運転の仕方を教えてくれたね」

最後:最後に公共交通機関を使ったのは?

「10年ほど前、ヴェローナのアカデミーにいる時に練習へ行くためにバスを使ったよ。」

 現在:車でいつも聴いている曲は?

「ブラジルの音楽だね。日によるけどセルタネージョの曲が多いよ」

最初: 最初に英語を勉強したのはいつ?

「チェルシーに移籍した時で、それまでは勉強してこなかった。勉強して1年半になるね」

 最後: 最近覚えた単語やフレーズは?

「ナイーブ」

現在: 今でも英語でわからないことは?

「難しいのは、文を作るときにポルトガル語から英語に変えるとき。例えば英語だと‘Jorginho’s phone’ だけどポルトガル語だと‘phone of Jorginho’になる。だからそれを変えないといけないし、急いで話すとたまに間違えてしまうんだ 」

 The 5th スタンドアプリでジョルジーニョのフットボーリング・ファーストを読もう。
 

チェルシーからその他