ニュース

ウィンターブレイクとは?ヨーロッパ各国との違いは?

ウィンターブレイクの概要や、チェルシーに与える影響をチェックしよう…

プレミアリーグでは初めてのウィンターブレイクが導入される今シーズン。過密日程が注目されるイングランドだが、今シーズンは全20クラブがシーズン中盤で休暇を得ることとなる。

チェルシー公式サイトでウィンターブレイクについてチェックしよう…

 

ウィンターブレイクとは?

「イングランドのフットボールにとって非常に重要なことだ」2018年夏、ウィンターブレイクの導入を発表したフットボール協会のマーティン・グレンがコメント。「クラブとイングランド、両方に利益のあることだ。クリスマスの試合を残しつつも、シーズン中に休暇を取ることができるんだからね」

このウィンターブレイクはイングランドフットボールの過密日程を軽減する目的で導入されたもの。ヨーロッパの主要なリーグではクリスマスの時期に休暇が導入されているが、イングランドではプレミアリーグや2つのカップ戦のため、冬の期間も休むことなく過密日程が続いていた。

プレミアリーグのシーズン終了から一ヶ月足らずでEURO2020を戦うことになる各国代表監督にとっても、この休暇の意味は大きいだろう。

ウィンターブレイクはいつ?

プレミアリーグ第26節は2週間にわたって実施される。2月8日の週に4試合、2月15日の週に6試合が行われる予定だ。

これによって、全てのクラブが2週間の休暇を得ることとなった。

FA杯の日程は?

FA杯5回戦は3月2日から始まる週のミッドウィークに行われる。チェルシーはリヴァプールとシュールズベリーの勝者とスタンフォードブリッジで対戦予定だ。

FA杯4回戦再試合はウィンターブレイク1週目に実施される。影響を受けるのはリヴァプール、トッテナム、サウサンプトン、ニューカッスルの4チームだ。

ウィンターブレイク期間のプレミアリーグ

2月8日(土)
エヴァートン v クリスタルパレス
ブライトン v ワトフォード

2月9日(日)
シェフィールド・ユナイテッド v ボーンマス
マンチェスター・シティ v ウェストハム

2月14日(金)
ウルヴズ v レスター

2月15日(土)
サウサンプトン v バーンリー
ノリッチ v リヴァプール

2月16日(日)
アストンヴィラ v トッテナム
アーセナル v ニューカッスル

2月17日(月)
チェルシー v マンチェスター・ユナイテッド

ウィンターブレイク導入の理由

主要大会のノックアウトステージが行われる2月。2月17日の週にノックアウトステージを戦うチームはウィンターブレイクの1週目にリーグ戦を行う。各チームは最短でも13日間の休暇を得ることに。

フランク・ランパード率いるチェルシーは2月25日と3月18日に行われるバイエルン・ミュンヘンとの一戦を前に、2週間の休暇を得る。

ウィンターブレイクの日数は?

全てのクラブが、プレミアリーグでは最短でも13日間の休暇を与えられる。FA杯4回戦再試合を戦うチームは、その限りではない。

休暇が最も長いのはチェルシーとマンチェスター・ユナイテッド。ブルーズは今週末のレスター戦から16日間空けてマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。

プレミアリーグでのウィンターブレイク日数:(* FA杯4回戦再試合を戦うクラブ)

リヴァプール – 14 *
マンチェスター・シティ – 13
レスター – 13
チェルシー – 16
マンチェスター・ユナイテッド – 16
トッテナム – 14 *
ウルヴズ – 13
シェフィールド・ユナイテッド – 13
サウサンプトン – 14 *
アーセナル – 14
クリスタルパレス – 14
エヴァートン – 15
バーンリー – 13
ニューカッスル – 15 *
ブライトン – 14
アストンヴィラ – 15
ウェストハム – 15
ボーンマス - 13
ワトフォード – 15
ノリッチ – 14

他のヨーロッパ諸国との違いは?

ドイツ、ブンデスリーガでは4週間のウィンターブレイクを実施。ブンデスリーガではシーズン当たりの試合数が4試合少なく、国内カップ戦では再試合およびホームアンドアウェイ方式の対戦がないため、これだけ長いウィンターブレイクを導入している。

スペイン、ラ・リーガでは2週間の休暇が2回導入される。クリスマス前から1月中旬まで、リーグ戦はわずかに1試合のみだ。しかし、国内カップ戦はこの期間中に実施される。

イタリア、セリエAではクリスマスから新年にかけて2週間の休暇が実施されている。フランス、リーグ・アンでは3週間の休暇が設定されているが、カップ戦はこの期間中に実施される。

チェルシーからその他