ローン

ステップアップ:ジェイク・クラーク=ソルター

ローン移籍中の選手にインタビュー。今回はチャンピオンシップのバーミンガム・シティでレギュラーとして活躍する22歳のジェイク・クラーク=ソルターだ。

バーミンガムは中位のキープしており、ミッドウィークに開催されたFA杯のコヴェントリー戦では勝利。

クラーク=ソルターは今季13試合に出場。今回のインタビューではレギュラー獲得について、顔なじみ、自身の成長、これからの目標について話してくれた…

4回戦のコヴェントリー戦はドラマティックだったね。それでも再試合ではプレーしなかった。

「金曜日にリーグ戦があったから、監督は何選手かをプレーさせなかった」

「4回戦を突破できたのはクラブにとってもプラスだし、5回戦ではレスターと対戦する。プレミアリーグでも結果を残しているチームと対戦するのは楽しみだね」
 

ホームスタジアムにも関わらず、バーミンガムはコヴェントリーとの1戦目をアウェイで戦ったね。多くの観客がいた。

「少し違った感じがしたし、これから再び経験することはないだろうね。自分のスタジアムでアウェイのドレッシングルームを使って、アウェイのユニフォームを着る。全てのスタジアムでホームとアウェイのドレッシングルームが違うと思う。それでもファンの雰囲気は素晴らしかったよ。残念ながら初戦は勝利することができなかったが、再試合でPK戦の末に勝利することができた。大変だったけれど5回戦に進出できて嬉しいよ」

アディ・ヴィヴィアッシュ(元チェルシーアカデミーのコーチで現在はコヴェントリーのアシスタントマネージャー)とは話した?

「2試合とも話したよ。アカデミーでは自分が成長する手助けをしてくれたし、リスペクトしている。コヴェントリーはリーグ1でいい成績を残しているし、昇格を目指している。良いコーチだし、良い人なんだ」


この試合では元チームメイトのジョシュ・マクイクランがバーミンガムに所属、ファンカティ・ダボがコヴェントリーに所属していた。

「残念ながらジョシュは試合中に膝を怪我してしまったね(十字靭帯断裂と発表)」

「それよりも前に彼と共にプレーできたのはとても良かったよ。テクニックのある選手だ。自分がバーミンガムに来た後にバーミンガムに来たのは良かった。ファンカティはコヴェントリーの右サイドとしてプレーした。ここ数日会っていなかったから会えて良かったよ」
 

2018年はシーズンの半分をチャンピオンシップのサンダランドで過ごして、昨シーズンはフィテッセにローン移籍。オランダでの経験は生きていると思う?

「おそらくね。サンダランドではあまり上手くいかなかったから新たなスタートを切りたいと思った。フィテッセはそのチャンスを与えてくれたんだ。今は再び動き出す準備できてるよ」

「今はより成長している。大きなことだよ」

「今シーズンは良い感じだ。レギュラーとしてプレーすることは素晴らしい。最初の方はレギュラーとしてプレーできなかったし怪我もしてしまった。それでも今はレギュラーになれた」
 

現在、バーミンガムでレギュラーとしてプレーしているけれど、ここ最近のシーズンは怪我にも悩まされたね。

「数年にわたって3つの大きな怪我をした。いくつもステップを踏まないといけなかったから少し辛かったね。それでもいつも乗り越えようとしたし、再び強くなって戻ろうと回復を目指していた」

「最近のは数週間前に肩を怪我したものだったけれど、早期に復帰することができた。ロングスローは来シーズンまでお預けだけどね!再びプレーできるようになって嬉しいし、シーズンをこの状態で終えるのが楽しみだよ」


バーミンガム指揮官は現在スペイン人だね。プレースタイルはどう?

「クラブの哲学はしたいフットボールをすること。それでも他のチームのようなプレーもミックスしていく。良いバランスだと思うし、自分たちは良いプレーをし続けるだけなんだ。ここ最近は調子が良いし、7試合で負けていない。これを最後まで続けていくよ」


トーレ・アンドレ・フローがチェルシーのローン選手のテクニカルコーチだね。彼と共に働くのはどう?

「彼のことはアカデミーの時から知っている。フローはいつも試合をチェックしてくれているし、彼と繋がりがあるのは良いことだよ」

「ある一定のレベルでプレーするとき、フットボールのプレーの仕方をコーチは教えてくれる。基本的なことを一緒に考えてくれる」
 

2016年にチェルシーデビューを飾ってからどう変わった?

「肉体的に変わったね。より成長したよ。デュエルでいくべきではないというところが減ったね。そしてより試合を読めるようになってきたし数年前に比べてオールラウンドにプレーできるようになった」

「もっとゴールを奪いたいね。セットプレーは得意なんだ。コーナーからミルウォール戦ではヘディングで決めることができた。これからもっと奪っていきたいね」

夏には欧州選手権に出場した。

「キャプテンとして良い経験ができた。確かにチームは良い結果を残すことができなかった(イングランド代表はグループステージで敗退)から試合後にはがっかりしたね。良い選手はいたからもっと良い結果を残すことができた。それでもこれから学んで生かしていくよ」

これからの目標は?

「出来るだけ良いプレーをして、出来るだけ多くの試合に出場したい。これが来季にも生きるはずだ」
 

チェルシーからその他