ニュース

コナー・ギャラガーがローン生活での最高の瞬間を明かす

多くの若手選手がチェルシーで成長していくが、最初のローン移籍はかけがえのない経験になるはずだ。

ユースチームから昇格することはプロのフットボーラーになる上で欠かせない試練である。

勝ち点を奪い合い、新たなドレッシングルーム、故郷とは離れ、初めて一人で暮らすことはローン移籍で経験できる出来事だ。

コナー・ギャラガーはチェルシーから初めてローン移籍。その後1月にはチャンピオンシップのスウォンジーへと移籍した。

公式アプリ、The 5th Standの新たなシリーズ。コナーのローン生活を振り返っていこう。

コナーが新たな街で暮らすこと、新しいチームで成長することについて話してくれた。スウォンジーの前にはチャールトンへとローン移籍している。

「チャールトンでの初日、少し気持ちが落ちていたんだ。慣れていない土地だったからね」と話したコナー。「何年もコブハムへ車で向かっていた」

「ドレッシングルームに入った時は、うるさい!って感じたね。多くの知らない人がいたからね。それでもすぐに慣れてトンネルをくぐるとチャントが聞こえてきたんだ」

「すぐに慣れてチャールトンのみんなから歓迎されていると感じたよ。数試合を戦うとファンが自分の名前のチャントを歌ってくれた」

「最初のゴールを決めた時は信じられなかったね。これまでのキャリアで最高の気持ちだった。試合には親と兄弟が来ていてくれたからね」

「向かった時泣いていたんだ!その時も気持ちは言い表しがたいね。もっと得点を奪おうと思ったよ」

アカデミー年間最優秀選手賞を獲得したギャラガーのフルインタビューは公式アプリからチェック。

これの他にもフランク・ランパードのコメント、ボックスセットなど様々なコンテンツをアプリでは配信中。

試合前記者会見、FAユース杯のウルヴズ戦などもチェックしよう。

チェルシーからその他