ニュース

ローン修行、怪我、ペトル・チェフについて語るネイサン・バクスター

昨年末に21歳の誕生日を迎えたGKのネイサン・バクスターが、ローン修行5年目を迎えこれまでを振り返った。

FAユース杯優勝メンバーのバクスターは、17歳の若さでノンリーグのメット・ポリスにてトップチームデビューを飾った。

それからソリハル・ムアーズ、ウォキングを経て、昨シーズンからフットボールリーグのイェーヴォリでプレー。年間最優秀選手賞に輝くパフォーマンスを披露した。

夏にはスコットランドのロス・カウンティにローン移籍。肩の怪我で暫し戦線離脱も、復帰後はレンジャース戦やセルティック戦などに出場した。

そんなローン修行を振り返ってもらうThe 5th Standアプリのコーナーでは、バクスター自身に怪我からの復帰や、スコットランドでの経験について語ってもらう。さらにコブハムで時間を共にしたペトル・チェフ、クリストフ・ロリション、イラーリオの存在についてもコメント。

バクスターはさらにアカデミー時代についても振り返っている。

「常に夢を持っていた。今もそうだけどね」と期待を寄せるバクスター。

「自分が8歳の頃、キーパーだったチェフを見て"いつかああなるんだ"と思ったものさ」

「ユースチームではフィク(トモリ)がディフェンスで、メイソンが中盤で、前線にはタミーがいた。これが軸になっていて、今ではプレミアリーグでも軸になっている。すごいことだよ。アカデミーの功績だね」

バクスターのコメント詳細はアプリから

ダウンロードして、フランク・ランパードのコーナーなどいろんなコンテンツを視聴しよう。

試合の最新情報もアプリで要チェックだ。

チェルシーからその他