クラブ声明

アヤックスからハキム・ツィエクが加入

チェルシーフットボールクラブはアヤックスと今夏ハキム・ツィエクの移籍で合意。今季の残りはアヤックスにとどまることになる。

モロッコ代表のツィエクは左利きのアタッカーで、右サイドや中盤でもプレー可能だ。アヤックスではその才能を遺憾なく発揮し左サイドから中にも外にも仕掛けていく。

年齢とプレースタイルは?

26歳でキープ力が高く、足元に定評がある。また、コンパクトなDFを切り裂くパスも出すことができ、セットプレーのスペシャリストでもある。右サイドからのボールは脅威だ。また、ゴール数でもクラブ、代表を合わせ100を超えている。
 

出身地とこれまでプレーしたクラブは?

オランダのドロンテン出身で、アカデミーでも過ごしたエールディヴィジのヘーレーンフェーンでプロデビュー。

2012年の8月のヨーロッパリーグ予選でデビューを飾ると、その後リーグ戦でも出場を果たした。

2013/14シーズンにはリーグで33試合に出場し、9ゴール9アシストと躍動。この活躍もあり、トゥウェンテへと移籍すると、最初のシーズンで11ゴール16ゴールを記録した。2015/16シーズンには17ゴールを記録。

満を持して2016年の8月にアヤックスへ移籍。周りのレベルも高く、ツィエクはますます成長した。その後すぐにファイナルサードで結果を残すようになる。 

ヨーロッパリーグでは決勝に進出。リーグでも1ポイント差で制覇を逃した。ツィエクは公式戦で10ゴール、15アシストを記録。

アヤックスでの2シーズン目もタイトルはなかったが、毎試合に先発するといくつもの試合でMOM級の活躍を見せた。

代表での記録は?

2018年の夏、ロシアW杯のグループステージで全試合にスタメン出場。スペイン代表、ポルトガル代表など強豪ひしめくグループの中モロッコ代表の攻撃の中心として活躍した。
 

ゴールとアシストの記録は?

昨シーズン、レアル・マドリッドとユヴェントスを下したアヤックス。このレアル相手に2試合ともゴールを決めたツィエク。ベルナベウの舞台では先制点を記録した。

ヨーロッパの舞台でタイトルは獲得できなかったものの、国内ではその強さを発揮。リーグ戦でツィエクは16ゴール、13アシストを記録。29試合に出場した。また2シーズン連続でアヤックスの年間最優秀選手賞を受賞。

今シーズン、グループリーグでチェルシーと激突すると、スタンフォードブリッジでの一戦では4ゴールのうち3ゴールに関与。ヴァンレンシア戦で30ヤードからゴールを決めている。
 

今シーズンはすでに公式戦で9ゴールを記録し、チャンピオンズリーグでは4アシストを記録。

2017/18シーズン以降国内リーグでアシストとチャンス創出数でトップに立ち、シュート数も3位の数字を記録している。
 

チェルシーからその他