インタビュー

カンテが鍵になる試合、ランパードの影響、ウィンターブレイクの効果について言及

クラブや代表で国内外のタイトルを獲得し、勝利の鍵を知るエンゴロ・カンテ。今シーズンの目標を達成するためには次の試合が重要になると語った。

プレミアリーグでは初となるウィンターブレイクを導入。ここ数週間のうちにチェルシーは3つの大会でリヴァプール、トッテナム、バイエルンをホームに迎える。

しかし、最初に控えているゲームはマンチェスターUとのリーグ戦で、9ポイントまで差を広げられるチャンスがある。人々は開幕戦の敵地オールド・トラッフォードでマンUに4-0で敗れたゲームのリベンジという点に目を向けがちだが、カンテはチームが目指しているのはトップ4の座を確保することだと述べた。

「自分たちはシーズンの中でも重要な時期を迎えている。なぜなら多くのチームがトップ4を目指して争っているからね」とカンテは言い、現時点で10位以上のチームにCL出場の可能性があるとの見解を示した。

「マンUはシーズン当初こそ取りこぼしが続いたけれど、今はその差を縮めてきている。だからお互いにその差を縮めるか、広げるチャンスになる。両チームにとって非常に重要なゲームになるね」

「マンUのことはよく知っているし、ホームで厳しい戦いになるだろう。特に開幕戦のことから考えるとね。でもそんなことは気にしないし、差を広げるために前だけを見ているよ。リベンジに関わらず、勝利を収める必要があるんだ」

カンテは今後数週間のゲームにおいてスタンフォードブリッジで戦うホームアドバンテージがプラスに働くと考える。

「自分たちにとってファンは重要だし、応援はチームの力になるから必要だよ。ファンのためにも全力を尽くして戦うつもりさ」とカンテは付け加えた。

28歳のカンテは無尽蔵のスタミナでフィールドを駆け回り、相手選手の中には2人いると錯覚する選手もいるはずだ。しかし毎試合そのパフォーマンスを発揮することは難しい。先週ランパードが選手たちに与えたオフはカンテにとっても有意義なものとなっただろう。

プレミアリーグの重要度も高く、夏には欧州選手権も控えている。精神面でのオフはフィジカル面以上に貴重なものとなったはずだ。

「自分はパリで家族や友達とゆっくり過ごしていたよ」と述べたカンテ。「プレミアリーグで初の試みだったけど、選手たちにとっては良いことだね。サッカーのことをあまり考えずに家族との時間を過ごせたよ」

「自分たちはチームに戻ってから、次の試合に向けてコンディションを合わせてきた。なぜなら確実に勝点3を奪う必要があるからね」

今シーズンは小さい怪我でリズムを作れずにいたカンテ。ただ直近14試合のリーグ戦では1試合のみを欠場。復帰後はチェルシーの歴代最高得点記録を持つランパード監督から学ぶことを楽しんでいる。

「彼は選手としてチェルシーで多くのシーズンを過ごし、いくつものタイトルを勝ち取った。でも今は監督としてチェルシーに戻ってきた」とカンテはランパードについてコメント。「自分たちは選手としてのフランクをよく知っている。だから監督がミッドフィルダーの動きについて話す時はよく聞くべきだね」

「フランクは素晴らしいアイデアを持っているし、チャンピオンズリーグ出場権を得るために若手とベテランの共存を図っている。選手たちのベストを引き出す方法を知っているし、今シーズンから自分たちの目指すものを手に入れられると思うよ」

今週はアヤックスからハキム・ツィエクが加入という良いニュースも入っている。モロッコ人のツィエクは夏までチームには合流しないが、ルベン・ロスタフ=チークの長期離脱からの復帰が迫っており、カンテもこの復帰を歓迎している。

「ルベンは良い選手さ。チームに多くをもたらすことができる。昨シーズンは好調だったし、トレーニングに戻れていることは良いことだね。チームの力になってくれることを願ってるよ」

「今シーズンは自分たちが目標とするトップ4を達成できるだろう。来シーズンのCL出場権を獲得できるし、タイトルを勝ち取るチャンスもあると思う。このチームにはその力があるよ」

マンU戦でロスタフ=チークの復帰はまだ早いだろうが、これからノックアウト方式のCLやFA杯などの重要な試合を迎える。カンテは次のマンU戦が今後のチームを占う一戦になることを十分に理解している。

「今シーズン残りの試合は、多くのチームとトップ4を争う上で重要になる。バイエルンは良いチームだし、ラウンド16を突破するためにも全力を尽くさなければならない。リヴァプール戦についても同じさ」

「FA杯はイングランドの中でも名誉ある大会だね。自分たちのもう1つの目標になるだろう。重要な試合になるし、ベストを尽くしてタイトルを勝ち取りたい」


チェルシー公式アプリのthe 5th Standから試合をチェック。

チェルシーからその他