マッチレポート

マッチレポート:チェルシー 0-2 マンチェスター・ユナイテッド

前後半にそれぞれ失点、スタンフォードブリッジで再び黒星を喫している。

3名を入れ替え

タミー・エイブラハムが先月のアーセナル戦で負った怪我の影響で離脱、ミシー・バチュアイが前線を率いることに。

カラム・ハドソン=オドイも負傷離脱のため、前節レスター戦からはウィリアン、マテオ・コヴァチッチが入り合計3名の入れ替え。ゴールは変わらずカバジェロが守っている。

好スタートは実らず

出だしはチェルシーが主導権を握る展開。リース・ジェイムズの鋭いクロスはゴール前をかすめ、ウィリアンの弧を描くシュートはわずかに枠を外している。

しかし10分過ぎの場面で、エンゴロ・カンテが負傷。いきなり交代を強いられ、メイソン・マウントを投入する。

ボールを蹴るリュディガー

 

疑惑の判定

続いて前半、アンソニー・テイラー、そしてVARによる判定が議論の対象となる。

まずはバチュアイともつれたマグワイアが、蹴り込む動きを見せる。今シーズン序盤には同じ動きでソン・フンミンが退場となっているが、今回はなぜかお咎め無しとなった。

ボールを奪うコヴァチッチ

その直後にはブルーノ・フェルナンデスの伸ばした足にウィリアンが触れて倒れるも、これはシュミレーションの判定で逆にイエローカードが出てしまう。

ユナイテッドの2点目を記録したマグワイア

すると前半終了間際、アーロン・ワン=ビサカのクロスにマルシャルが合わせてユナイテッドが先制。

その直後にはカウンターからバチュアイに決定機も、シュートはわずかに枠の外へ外れる。

ぬか喜びのゴール

後半からは、負傷したクリステンセンに代わってズマが投入される。するとコーナーからいきなりネットを揺らす。

しかしVAR判定の結果、ボックス内でのセサル・アスピリクエタのファウルが認められゴールは無効に。0-1のまま試合は進む。

ズマのゴールは無効の判定

その後ユナイテッドは点差を広げる。コーナーにマグワイアが合わせ、ネットを揺らした。

追いすがるチェルシー

ランパードは交代枠残り1つを、ジルーに託す。するとマウントの完璧なクロスに合わせ、早速ネットを揺らす。

ジルーのヘディングはオフサイド!

しかしながらまたもVAR判定。ジルーのオフサイドで向こうとなり、最後まで点差を詰められないままホームで黒星を喫している。

次は?

大一番が続くブルーズ。次は土曜日にトッテナムを迎え撃つと、火曜日はチャンピオンズリーグベスト16のバイエルン戦だ。


チェルシー (4-3-3) カバジェロ;ジェイムズ、リュディガー、クリステンセン (ズマ HT)、アスピリクエタ (c);ジョルジーニョ、カンテ (マウント 12)、コヴァチッチ;ウィリアン、バチュアイ (ジルー 68)、ペドロ
サブ ケパ、トモリ、アロンソ、バークリー
警告 ウィリアン 35、リュディガー 47、ズマ 60

ユナイテッド (3-4-2-1) デ・ヘア;ベイリー、マグワイア、ショウ;ワン=ビサカ、マティッチ、フレッジ、ウィリアムズ;ジェイムズ (ペレイラ 80)、フェルナンデス (ダロット 90+2);マルシャル (イガロ 90)
サブ ロメロ、ジョーンズ、マタ、グリーンウッド
得点 マルシャル 45、マグワイア 66
警告 ウィリアムズ 76、ワン=ビサカ 79

主審 アンソニー・テイラー
観客数 40,504人

チェルシーからその他