ニュース

メディアウォッチ:ライプツィヒの勝利に貢献したアンパドゥ、イタリアからオファーを受けたジルー、VARについて言及したテリー

今日もチェルシー関連の情報をピックアップ。アンパドゥがCLトッテナム戦に出場し、見事なパフォーマンスを見せた。ジルーは今夏にセリエAへと移籍する噂が上がっている。

情報はいずれも外部メディアのもので、チェルシーフットボールクラブの見解や立場に則ったものではありません。

スパーズ撃破に貢献したアンパドゥ

チェルシーからローン移籍をしているイーサン・アンパドゥはDaily Mailで1-0と勝利を収めたCLラウンド16の1stレグ、トッテナム戦でのパフォーマンスが称賛を集めている。

19歳のアンパドゥは昨夏にローンでのライプツィヒ加入以降、出場機会に恵まれていなかったが、負傷者やフランス人CBのウパメカノが出場停止だったこともあり、スタメンのチャンスが巡ってきた。

負傷者の増加やウパメカノの出場停止の影響でアンパドゥにスタメン出場のチャンスが回ってきたとウェールズ・インターナショナルは伝えている。チャンピオンズリーグ の舞台で、しかもチェルシーのライバルであるトッテナムとの対戦に向け、アンパドゥはロンドンに戻ってくることに。

ランパード監督は将来的にチェルシーの未来を担う可能性のあるアンパドゥのプレーを見ていたはずで、彼のプレーに好印象を受けたことだろう。

アンパドゥはフィールドプレーヤーの最後部、3バックの中央でプレー。守備的MFも卒なくこなす上手さを随所に披露した。

ピッチの上で誰よりもボールを触り、パスを捌いていたアンパドゥ。近くの選手とのパス交換や中盤への供給、時には一気にフォワードまでのフィードなど1試合で100近くのパスを通し、成功率は約95%を記録。

セスク・ファブレガスは元チームメイトのアンパドゥがお馴染みのドレッドヘアを辞めたことに言及しながら、そのパフォーマンスについてtweet

「CLという舞台でアンパドゥがスタメンでプレーしているのを見られて良かったよ。今の髪型の方が似合っているね」とセスクはコメントした。


ジルー獲得に動くラツィオ

90min.comによるとラツィオがジルーに契約オファーを送った模様。このオファーが成立すれば、今シーズンで契約満了を迎えるジルーはシーズン終了後にセリエAへと活躍の場を移すことになる。

フランス人ストライカーのジルーは1月にもインテルへの移籍が噂されていたが、交渉が成立することはなくチェルシーに残留。月曜日に行われたマンUとのリーグ戦ではベンチから途中出場を果たしていた。

しかしイタリア紙によると、今夏に移籍する可能性も残っているようだ。

ジルーはインテルとスクデットを争うラツィオに加入するだろうとウェブサイトは伝えている。

Le 10 Sportでは、ラツィオから具体的なオファーを受け取っているとされ、ボスマン判決によりフリーでの移籍が可能と報道。

ジルーは最終的な決断を下していないため、これからもオファーが殺到するだろう。インテルだけでなくLAギャラクシー、ニューカッスル、トッテナムらも獲得に動くとされている。


VARに不満のテリー

Daily Starは元チェルシーキャプテンのジョン・テリーがソーシャルメディアでVARに不満を抱き、システムを廃止すべきとコメントしたと報じている。

テリーはベンゲルが提案する、体の一部がDFと同ラインにあるならばオンサイドと認めるべきでVARのルールを調整すべきという意見について述べた。

「修正するくらいならいっそ廃止した方が良いだろう」とテリーはInstagramにコメント。

ファンからのコメントに対し、「10回見ても納得できないね」と反応した。

「本来オフサイドは議論が難しいものだと思っている。足先が出ている、1インチ出ているからオフサイドというのは好きじゃないね。VAR制度はいらないよ!」

「主審がモニターを確認したら、その判断は主審がするべきさ」

チェルシーからその他