ニュース

メディアウォッチ:バイエルン監督がブルーズを称賛、リュディガーがジルーに敬意、元審判がVARに苦言

今日もチェルシーに関する情報をお届け。バイエルン・ミュンヘンのハンス・フリック監督がフランク・ランパード政権のチェルシーを評価、アントニオ・リュディガーが残留したオリヴィエ・ジルーについてコメント、先週のジョヴァンニ・ロ・チェルソの一件を受けてダーモット・ギャラガーがVARに言及。

情報はいずれも外部メディアのもので、チェルシーフットボールクラブの見解や立場に則ったものではありません。

フリックが新生チェルシーに好感

バイエルン・ミュンヘンのハンス・フリック監督が、チャンピオンズリーグでの対戦を控えチェルシーを"素晴らしいチーム"と評価。

ベスト16での顔合わせを控えた記者会見にて、フランク・ランパードへのリスペクトを示した。

「今シーズンのチェルシーはフランク・ランパードのもと躍動している。若手とベテランを交えた、素晴らしいチームを作っている」とチャンピオンズリーグの公式ウェブサイトにてコメント。

「自由なプレーに、攻撃的な姿勢。高い位置での仕掛けが魅力だ」

「守備面ではミスもあるが、それがチームというもの。ホームだとプレッシャーもかかる」

「だがトッテナム戦を見る限り、かなり危険な相手だ。自分たちのプレーをさせてもらえるかな」


リュディガーがジルーに敬意を払う

イブニング・スタンダード紙によれば、アントニオ・リュディガーが、1月の移籍市場での退団が予想されながらも残留したオリヴィエ・ジルーに対してリスペクトのコメントをしたと報道。

先月のでの退団が濃厚とされたジルーだったが、結局は残留という形に。

ジルーは練習でも変わらずハードワークをこなし、それがトッテナム戦でのゴールにもつながったとリュディガーが振り返っている。

「最大限の敬意を払うよ」と話すリュディガー。

「忍耐強く、何も言うことなく、常に謙虚でハードワークに徹していた」

「ユナイテッド戦でもその影響力を見せた。土曜日の試合(スパーズ戦)では結果も残した。真のチームプレイヤーだよ」

「ゴールだけじゃなくて、常にハードワークを貫くあの姿勢が何より素晴らしい」


元審判がロ・チェルソの一件についてコメント

かつてプレミアリーグの審判だったダーモット・ギャラガー氏がスカイスポーツに登場。セサル・アスピリクエタに対するジョヴァンニ・ロ・チェルソのファウルがVARの結果レッドカードにならなかっとことについて"2度と起こってはならない"と言及した。

プレミアリーグの審判の育成、教育、指導を行うプロ審判協会(PGMOL)は、試合後に"人的ミス"によりレッドカードが提示されなかったことを謝罪。

しかしながら、ロ・チェルソへの処罰は今後も与えられない予定となっている。

「プレミアリーグには説明責任があるはずだ」と話すギャラガー。PGMOLは、試合終了を待たずに謝罪を行った。

「誰もが人的ミスだということは分かっているよ。明らかなミスだった。それが謝罪だけで済まされるのはどうなんだろうね」

「とにかく今は前進して、"こういった場合、どうするか"の定義を示すべきだ。流していい問題じゃない。2度と起こってはならない事態だ」

チェルシーからその他