ニュース

ボーンマス戦は4名が離脱

ボーンマス戦を控え、チェルシーは4名の選手が離脱。5月以来の公式戦復帰が期待されるルベン・ロフタス=チークがメンバー入りした。

トップ4争いが熾烈を極めるリーグ戦、チェルシーはクリスティアン・プリシッチ、エンゴロ・カンテ、タミー・エイブラハム、カラム・ハドソン=オドイの4名を欠いて週末を迎える。

「プリシッチ、カンテはまだ復帰できない」と報告したフランク・ランパード。

「エイブラハムも前からの怪我が尾を引いている。早く快方に向かってほしいね。調子が整わないままだが、少なくとも試合には出られない。カラムもまだ離脱中だ」

元日から離脱が続くプリシッチについても、ランパードは現役時代に同じ怪我を抱えた者として次のようにコメントしている。

「当初はもっと早く復帰できるはずだった」と話すランパード。「自分も現役時代同じ怪我を負って、3ヶ月離脱したんだ。それだけに今の気持ちは分かるよ」

「復帰が迫る中で再発したこともあった。かなり繊細なものなんだ。あの怪我は難しいんだよ」

一方で嬉しいニュースも。トッテナム戦でもベンチ入りしたロフタス=チークが、今回もメンバー入りするようだ。

「ルベンはメンバー入りする」と話すランパード。「ルベンに十分なプレー機会を与えることができていない。トッテナム戦では可能性こそあったが、バイエルン戦では復帰初戦で厳しいと感じた。だからまだ練習での強度を上げるにとどめていたんだ」

「復帰は嬉しいね。離脱が長引いていたからね。昨年はいいプレーをしていた。その活躍ぶりはみんなも分かっているはずだ」

「まだ自分が監督になってからプレーはないけど、その才能は感じている。イングランドの代表する中盤のひとりだよ」

チェルシーからその他