ニュース

ランパードがチームの立て直し、VARの改善、トップ4争いについてコメント

プレミアリーグのトップ4争いは、7ポイントに7チームがひしめく熾烈な展開に。フランク・ランパードはチェルシーがまだ優位な立場にいるとコメントした。

バイエルン・ミュンヘン戦の大敗を受けながら、チームからはいい反応が見られたとしたランパード監督。シーズン終了までまだ長く険しい戦いが残されているチェルシー、次の相手はボーンマスだ。

試合前記者会見では、VARの改善やGKの選択などについてコメント。まずはトップ4争いについて次のように話している。

「他のチームについて言えば、マンチェスター・ユナイテッドは補強もあって、調子も上げてきている」と話すランパード。「1億5000万ポンドをかけて3人のいい補強をしたね。1月の移籍市場でも戦力を加えて、いいチームになっている」

「トッテナムもそうだ。お金を使っていい補強をした。トップ4争いに絡んでくるべきチームだが、いろいろな理由で厳しい戦いを強いられる場合もある」

ユナイテッドとスパーズが直接のライバルとなる中、他のライバルについても可能性を言及した。

「アーセナルもそうだ。あのチーム力を考えれば、もっと差は縮まっていくだろう。シェフィールド・ユナイテッドやウルヴズも自分たちの実力で存在感を放っている。まだまだライバルは多い。だからこそ自分たちのパフォーマンスに集中すべきだ」

記事:ボーンマス戦は4名が離脱

ゴールキーパーの選択について…

「関係性は良好だ」とケパ・アリサバラガについての質問に回答したランパード。「20人以上の選手がいて、全員が同じようにハッピーかと言われれば難しいかもしれない。選手に求めるのはプロとしての姿勢、ケパはそれを見せている」

「どんな姿勢で練習しているか、選手の運命は選手が握っている。ケパはよくやっているし、ウィリー・カバジェロもそうだ。バイエルン戦ではいいセーブも見せていた。競争があるのは確か。決断はしていかないとね」

VARシステムについて…

「主審はユナイテッド戦のマグワイアのプレーを見るべきだったし、あれもレッドカードが出るはずのプレーだった。トッテナム戦ではVARを見るまでもないプレーだったのに、動かなかった」

「モニターがあるなら使うべきだ。VARはまだ改善が必要なシステムだ。誰も満足していないだろうからね。初年度だから問題もあるだろうが、改善できる部分はすぐに動いてほしい」

「少なくともここ最近で2回、結果に直結するような判定で損をしているからね」

バイエルン戦の大敗を受けて…

「どう立て直せるかは明日次第。選手たちは練習でもよくやっているし、集中できている。フットボールなら起こりうることだ。厳しいときこそ、どう立て直せるかが肝心なんだよ」

「どんなプレーを見せてくれるか楽しみだね。問題ないとは思う。プレミアリーグで言えば、前節はいい内容だったからね」

チェルシーからその他