分析

アンドレアス・クリステンセンがチェルシーがより強くなるために重要な時期を迎えるとコメント

クリステンセンは勝ち点を積み上げていくために、前後半の立ち上がりに集中して良いパフォーマンスを発揮することが大切だと述べた。

昨日の引き分けに終わったボーンマス戦は、ミッドウィークに行われたバイエルン戦の再来に。後半立ち上がりに連続して2失点を許したが、今回のリーグ戦でも同じようなことが起こってしまったとクリステンセンはコメント。

ボーンマス戦は前半こそ落ち着いて試合を進めていたものの、後半にバイエルン戦と全く同じことが起きてしまう。後半になって立て続けにボーンマンスに得点を許してしまったのだった。

「ディフェンダーとして失点することはどんな時も辛いことだ。でもこの2試合で起きたことを見直し、変えて行かなければならない」
 

マルコス・アロンソの2ゴールでボーンマンスと引き分けたチェルシー。昨日のインタビューでペドロもコメントしたように、レスターの敗戦を受けて挑んだ試合であったため、差を縮めるチャンスを逃したと感じているようだ。現在4位のチェルシーとレスターの勝ち点差は5。エヴァートンとの試合を終え5位に浮上したマンチェスターUとは3ポイント差となっている。

「自分たちは4位と5位の差を上手く広げてきた。その意味では下を意識することはあまりなかった。今回の試合でマンUに並ばれなかったことは良かったが、また勝ち点を積み上げて差を広げていくよ」


「3月はとても重要になってくる。それは全員が理解してることだ。切り替えて良い試合ができるようにやっていくよ」

チェルシーからその他