ローン

あっちこっちチェルシー – 勝利に貢献したモーゼスとケネディ

先週のローン選手の活躍をチェック。ヨーロッパリーグなど重要な試合での活躍が見られた…

インテルはコロナウイルスの影響でリーグ戦が延期されたが、ヨーロッパリーグは予定通り開催され、ビクター・モーゼス(写真上)が活躍。サンシーロで行われた試合はインテルが2-1とルドゴレツを下しベスト16へと駒を進めた。

週末のセリエAではアタランタがアウェイでレッチェと対戦。マリオ・パサリッチはアタランタの大勝に貢献した。2点先行したアタランタだったが追いつかれ、前半を2-2で折り返す。後半に入ると一気に5点を追加し終わってみれば7-2。パサリッチは後半の最初の2点をアシストした。

ベルギー2部では、ほぼプレーオフ進出を手中に収めているロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ。シーズン最終節でチャーリー・ブラウンもプレーし、3-1とウェスターロに勝利した。

ヘタフェのケネディはELアヤックス戦はベンチスタートに。チームは1-2と敗れたが2戦合計でベスト16へと駒を進めた。マジョルカとのリーグ戦ではスタメン復帰を果たし、1-0の勝利に貢献。チームは現在4位につけている。
 

モナコのティエムエ・バカヨコはランス戦に出場。勝ち点1を分け合う結果に終わった。

オランダ2部リーグのローダに所属するアイク・ウグボはゴールを奪い、チームにとって大きな勝利に貢献。チーム3点目を記録し、ドルドレヒトを5-0で下した。現在チームは降格圏と6ポイント差に。

先週のイングランドではトレヴォ・チャロバーの所属するハダースフィールドがチャンピオンシップで躍進。ミッドウィークにはブリストルに2-1と勝利し、週末はチャールトンを4-0を下した。この2試合を終え、チームは降格圏に5ポイント差をつけている。

レディングのマット・ミアズガは土曜日の試合で負傷から復帰を果たし、2-0とバーンズリーに勝利。ルートンのイジー・ブラウンも怪我から復帰。ストークとのリーグ戦はアディショナルタイムのPKでなんとか追いつき勝ち点1を獲得した。

コナー・ギャラガーの所属するスウォンジーは2度にわたり終盤のゴールで涙を呑む結果に。フラム戦は94分のゴールで0-1と敗れ、ブラックバーンも終了間際のゴールで2-2と引き分けた。

リーグ1ではブリストルのジャマール・ブラックマンが前半に素晴らしいセーブを連発。しかしチームはシュルスベリーに0-1と敗戦。
 

チェルシーからその他