分析

エヴァートン戦が今季のベストゲーム?ランパードがコメント

古巣対決となったカルロ・アンチェロッティは試合後、序盤からしっかりと戦うことができていなかったとコメント。一方のフランク・ランパードは全てが良かったと話した。

4-0でエヴァートンに勝利したチェルシーだが、この試合では若手選手から経験豊富な選手まで全員が躍動。

ランパードはこの試合が今シーズンでベストだったかどうか質問を受けた。

「ホームで考えるとイエスだね。大量得点でクリーンシートも達成できた」

「前線の選手は素晴らしかったが、パフォーマンスを見るとこれまでスタンフォードブリッジで良いものを見せる事はできていた。良いパフォーマンスを見せながらも1-0で敗北していたんだ。ゴールを決める事でより試合が楽になった」

「今日はしっかりとゴールが奪えたね。決定力もあり、チームにエネルギーが満ちていた。パススピード、ボールを奪った後の切り替えなど全てが良かった」

献身的に戦うだけでなくゴール前で決定力を見せた選手たち

「1年を通してチームとして戦っていく必要がある。多くのけが人がいるがこれに立ち向かうには高いインテンシティで戦っていき、お互いを信頼することが必要なんだ」

「今日はしっかりと集中していたし、戦うことができていた。ホームで良いパフォーマンスを見せながらゴールが奪えない理由を探していたが、今日は全員が集中していたね」

「オリヴィエ・ジルーのプレーが良かった。周りのことを考えられる。彼の強みを最大限生かすには周りの選手が動く必要があるんだ。そしてゴール前ではしっかりとボールを要求する」

「ケパは少しスタメンから外れていたが見事にここ2試合でクリーンシートを達成した。この試合では勇気のある飛び出しも見せたね。ロス・バークリーとマルコス・アロンソも先発に入ってきたがチームにとって大事なことだ。契約がもう少しで切れるかどうかは問題ではない。毎日しっかりとトレーニングして貢献することが大事なんだ」
 

ビリー・ギルモアが2試合連続でMOMに選出された

「ビリーは難しい局面でもしっかりボールを受けることができる。そして危険な場面では勇気がいるが、ジョルジーニョ、ビリーはその勇気を兼ね備えている」

「嬉しいのはビルーが前半でも終盤でも高いレベルを披露してくれている点だ。すぐに理解し、攻撃面でも守備面でも両方でいいプレーを見せた。MFとして考えると素晴らしいことだね」

ランパードは4位確保のためには残り9試合で油断ができないとコメント。また2連勝を果たしているがこれを続けていく必要があると話した

「アストンヴィラと戦うだけの経験はある。残留に向けて戦うだろうし良い選手がたくさんいる。今日見せたもの再び見せないといけない。シーズン序盤では良い戦いが見せられたが、一貫性のなさに苦しんだ。シーズンをより良い形で終えるためにも今日見せたようなプレーを見せたい」 

チェルシーからその他