ニュース

メディアウォッチ:BBC週間ベストイレブン入り、2選手に高評価、コナー・ギャラガーに2クラブが興味

今週もチェルシーに関する情報をチェック。エヴァートン戦のパフォーマンスに称賛が集まる一方で、コナー・ギャラガーの将来についてもピックアップ。

情報はいずれも外部メディアのもので、チェルシーフットボールクラブの見解や立場に則ったものではありません

マウントが週間ベストイレブン入り

メイソン・マウントが、BBCのガース・クルックスが選ぶベストイレブンに選出。

19試合ゴールのなかったマウントだったが、エヴァートン戦で破壊し14分でついにネットを揺らしている。

「メイソン・マウントは今後かなり期待できる選手だ」と評価したクルックス。

「フランク・ランパードのもと成長著しい。エヴァートン相手に堂々たる内容だった」

「ビリー・ギルモアに対する評価も高いが、マウントはしっかりゴールを奪って勝利に貢献した」


キーンがギルモアを評価

スカイスポーツに出演したロイ・キーンが、ビリー・ギルモアについて"簡単にやってみせる"と高評価。

試合前にはFA杯リヴァプール戦でのギルモアについても高評価を下しながら、今後の活躍につながるかが肝心と忠告。

しかしながらエヴァートン戦を終え、その評価はさらに高まるばかりだった。

「見事に続けてくれた。1試合の評価じゃ、たまたまかもしれないからね。だが継続していいパフォーマンスが残せることを証明した」

「試合を簡単にこなしているようだった。常に前を意識して、パスも積極的だ」

「素晴らしい若手だよ。まだここから変わっていくだろうが、今は前途洋洋だ」


シアラーがジルーを評価

BBCのマッチオブザデイ2にて、アラン・シアラーがオリヴィエ・ジルーのエヴァートン戦のパフォーマンスを評価。

「前線で存在感を放っていた」と話すシアラー。

「ホルゲイトとキーンを手玉にとり、全く寄せ付けなかった。常に優位な距離感を保っていたね」

「またチームとの連携も素晴らしく、次々に呼び込んでボールを受け取っていた」

「ファンタスティックだったね。本当に素晴らしい動きだった」


ギャラガーに2クラブが興味

Sunによれば、コナー・ギャラガーがフィテッセとバーンリーから興味を持たれているとの報道。いずれもローンでの獲得を狙っているようだ。

今シーズンはチャールトン、スウォンジーでローン修行を積みインパクトを残しているギャラガー。

「フィテッセは先週視察し、獲得を検討しているようだ。チェルシーとの関係性も厚い」との報道。

「またバーンリーも獲得競争に参戦。だがプレー時間の保証が必要となりそうだ」

「ギャラガーはすでに6ゴールを記録し、フランク・ランパードもその成長には期待している」

「チャールトンも、スウォンジーへ移籍したギャラガーの穴埋めに苦労しているようだ」
 

チェルシーからその他