分析

ロス・バークリー、ウィリアンがチームのパフォーマンス、明るい未来に言及

ロス・バークリーが18歳のギルモアも出場し、大勝したエヴァートン戦後チームのパフォーマンスを見事だったと評し、チェルシーの未来は明るいとコメント。

2年前にエヴァートンから移籍してきたバークリーは中盤で躍動。

「チームとして最高の出来だった。ミッドウィークでもいい結果を残せたが、これがホームで求められていたことだ。クリーンシートを達成していいパフォーマンスを発揮できた」

「メイソンのゴールは見事だったね。それだけでなく多くの選手がゴールを決めた。多くのチャンスを作れたからだね。自信を持ってプレー出来ていたのが見れたと思うけど、これを継続させたい」

またウィリアムもエヴァートン戦でこの3点目を決めたが、これはリーグ戦での7点目だ。後半のコーナーキックなどバークリー同様素晴らしいプレーを披露し続けた。

「良いパフォーマンスをできて最高の日だったね。序盤からゲームを支配できた。ライン間でもしっかりとボールを回すことが出来たし多くのチャンスを作った」

「もっと得点を奪えたと思う。5-0か6-0にはには出来たね。それでも満足しているよ」

また、試合残り30分になるとプレミア初出場のティーノ・アンジョリンを投入したランパード。そして終盤にはアルマンド・ブロジャも出場。一方のビリー・ギルモアはスタメン出場でそのパフォーマンスをチームメイトからも評価された。

「ビリーはトレーニングから持ち味を存分に発揮していたね」と明かしたバークリー。「恐れることなく高いレベルのプレーを披露した。もっと試合に出ればもっと成長していくと思うね」

「未来は明るいよ。それでも気は抜けない。これからのゲームに集中していく。トップ4が目標だからこれからの試合ではプランを組んでしっかり戦っていくよ


記事:ビリー・ギルモアが信頼、チェルシーでのプレーに言及

チェルシーからその他