ニュース

新型コロナ感染のハドソン=オドイが回復

新型コロナウイルスに感染したカラム・ハドソン=オドイから朗報…

新型コロナウイルスの陽性反応が出たハドソン=オドイは、自主隔離期間を経て無事完全復帰。

現在は自宅にてトレーニングを再開、ほかのチェルシーの選手と同様の生活に戻っている。

3月13日金曜日に陽性反応を受けたハドソン=オドイは、まず自主隔離期間に入り、コブハムも徹底消毒のため封鎖されていた。

選手は直後に、順調な回復ぶりをSNSにポストしていた。

「衛生ガイドラインに則って、自主隔離に入る」とコメントした。
 

1週間ぶりの報告となったハドソン=オドイ。先週火曜日にはフランク・ランパード監督が回復ぶりについてコメントしていた。

なおコブハムはその後、自主隔離対象外のスタッフ向けに封鎖解除されている。

アントニオ・リュディガーは金曜日、公式ウェブサイトにて「今のところ問題ない。それぞれ自主隔離で、自宅待機を続けている」とコメントした。

「誰もが初めての経験で、怖いかもしれない。家族も恋しいが、一緒にいることも難しい。感染経路も分からないまま飛んでいく訳にはいかないからね」

またセサル・アスピリクエタもFacetimeにてファンに向けたメッセージを送っている。

チェルシーからその他