クラブ声明

コロナウイルス感染拡大を受けチェルシーの選手たちが寄付

チェルシーFCは新型コロナウイルス感染拡大を受けてチェルシー財団に多額の寄付を行った。

コロナウイルスの感染拡大を受けて多くの選手たちは不安の中生活しているが、選手たちの寄付で財団は援助が必要な人に対し支援を行なった。

最初の寄付はケンジントン&チェルシー王立区、ウェストミンスターの家族、緊急の支援が必要な人に対し行われた。

チームは地方議会などと対話を続けており、この支援は必要な人に送るとのこと。

「この難しい状況で支援を必要としている人をサポートするのが大切だ」

photo of セサル・アスピリクエタ セサル・アスピリクエタ

クラブとチェルシー財団は地域な人をサポートするとともに、選手たちの寄付に感謝している。

チェルシーのキャプテンであるセサル・アスピリクエタは以下のようにコメント:「この難しい状況で、支援が必要な人をサポートするのが大切だ。そして選手たちで協力してできる事をしたい」

また以前にもスタンフォードブリッジ併設のホテルをNHSに提供すると発表されていた。

チェルシー財団は全ての年代の人を支援する。そしてオンラインでの教育プログラムも開始。コーチが家で出来る挑戦を子供達に宿題として出題。

財団のスタッフも食料運搬の手伝いを行う。

チェルシーからその他