インタビュー

リュディガーのNetflixオススメドラマ

今回はアントニオ・リュディガーにオススメのネトフリ作品を紹介してもらおう。


1. ベルエアのフレッシュ・プリンス

「やっぱりつい笑っちゃうのがいいんだよね」

ウィル・スミスが物騒なフィラデルフィアの地域から、ベルエアに住む家族と同居する話。仲のいい従兄弟たちがジョークに巻き込まれていくコメディドラマだ。

コメディの中にも、下にあるようなシリアス回があるのが見逃せない。


2. ナルコス・メキシコ(ドラマ)

「エスコバルではなく、今回はメキシコが舞台なんだ」

パブロ・エスコバル亡き後の、ドラッグ紛争の物語。支配を広げるカリ・カルテルとDEAの戦いを追う。


3. トップボーイ

「最高だね」

西ロンドンを舞台とした、ドラッグやストリートギャングが渦巻く犯罪ドラマ。シーズン1、2の放映後、大ファンだと豪語するドレークがシーズン3のエグゼクティブプロデューサーに加わった。

チェルシーからその他