ニュース

リュディガーがシエラレオネへのマスク提供を支援

アントニオ・リュディガー有する財団が、エンゴロ・カンテ、カラム・ハドソン=オドイ、オリヴィエ・ジルーに続き、シエラレオネの低所得者向けにマスク6万枚を提供の手助けをすることとなった。

昨日のニュースでは、リュディガーが自身が産まれたベルリンの病院に勤める看護師に、向こう3ヶ月の食事を提供すると報じたばかり。

今回は母親の出身地であるシエラレオネに対し、地元デザイナーのマダム・ウォーキーとチャリティ団体と組んで首都フリータウンに6万枚のマスクを提供する活動に参加。

リュディガーはTwitterにて「人口密度が特に高いこの地域で、新型コロナウイルス感染拡大を抑える助けになると嬉しい」とコメント。

目標資金は3万ドルで、カンテ、ハドソン=オドイ、ジルー、また代表で一緒だったメスト・エジルも参加している。

なおチャリティへの参加はこちらとなっている。

リュディガーは年始、シエラレオネの200万人の子供たちが学校教育を受けられるように10万1000ドルを募金していた。

その当時は「シエラレオネは母国だ。口だけじゃなく、行動で示したい」と語ったリュディガー。

「頼れるなら頼ってほしい。中でも教育には特に支援を惜しまないよ」

「シエラレオネを変えることに責任を感じているんだ」

チェルシーからその他