ニュース

メディアウォッチ:オーバメヤン加入の噂、ツィエクがシーズン中止にコメント、デンバ・バがジェラード転倒を振り返る

今日もチェルシー関連の情報を拾い読み。ピエール=エメリック・オーバメヤンの去就、エールディヴィジ中止に対するハキム・ツィエクのコメントなど。

情報はいずれも外部メディアのもので、チェルシーフットボールクラブの見解や立場に則ったものではありません。

オーバメヤンがブルーズへ?

デイリー・エクスプレスによれば、アーセナルがオーバメヤンに対するオファーに耳を傾ける構えとのこと。またチェルシーが獲得候補のひとりとしてリストアップしているようだ。

オーバメヤンは現在プレミアリーグ17ゴールで、ジェイミー・ヴァーディに次いで得点ランキング2位。しかし契約を1年残し、延長の合意には至っていない。

夏の移籍の可能性があり、ブルーズもその候補のひとつ、と報じたのはメトロ。

「大型移籍は起こりそうにない今回、アーセナルはフリーでの放出は避けたいはず。3000万ポンドほどの移籍金で合意に至るはずだ」とも。

「これはここ12ヶ月、ターゲットにしてきたバルセロナにとっても朗報。しかしオーバメヤンはロンドンに留まりたいとしており、チャンピオンズリーグ出場権の有無もその判断材料のひとつだ」

「しかしアーセナルは国内よりも海外への売却に前向き。チャンピオンズリーグ出場権を失えば、その週給もネックとなるだろう」

ツィエクがシーズン中止についてコメント

ゴール.comにて、ハキム・ツィエクがシーズン中止に伴い、別れの挨拶なくチェルシーへ移籍することについてコメントした。

アヤックスで4シーズン目を迎えていたツィエクは、リーグ連覇が迫っていた最中。残念ながらシーズン中止で有終の美とはならなかった。

「望んだ形ではなかったよ。ちゃんとさよならを言いたかった」と話すツィエク。

「明日もう少しできっといい形を迎えられたはずなんだ。だけど残念ながらそうはならなかった」

「これでシーズンは終わり、9月まで再開はない。でも優勝でここをさりたかったね」

「でももう切り替えたよ。今はみんなの健康が第一だ。変な感じだけど、誰もが同じ感覚だろうからね」

またツィエクはアヤックスでの最終戦となった3月7日のヘーレンフェーン戦(3-1で勝利)についても振り返った。

「勝てて良かった」と話すツィエク。「アヤックスへのせめてもの置き土産だ」

「いい時間を過ごすことができた。アヤックスでは素晴らしい経験を積ませてもらったよ」
 

バが転倒したジェラードに同情のコメント

デンバ・バがSkyスポーツにて、2014年のジェラードの転倒がプレミアリーグ優勝の明暗を分けたことについて、"辛い思い出のはず"と語った。

この試合では、ジェラードが転倒したことでボールを拾ったバが先制点を記録。2-0でチェルシーが勝利し、レッズの24年ぶりとなるリーグ優勝を阻んでいた。

ジェラードは結局、リーグ優勝を経験することなく2016年に引退を迎えている。

「かなり辛かったはずだ」と話すバ。

「ひとつのクラブにあれだけ貢献して、ああいう形でタイトルを逃すのは残酷だよ」

「もちろん同情の気持ちはある。でもあまり気に病むようにはしてないんだ」
 

チェルシーからその他