Japan

アジアのファンが選んだ思い出のドローは?

記憶に残るドロー

チェルシーのベストドローに、アジア圏から多くの反響。中でもお気に入りの声が多かったのが、2012年のチャンピオンズリーグ準決勝バルセロナ戦だ。

2012年4月、カンプノウで行われたこの一戦。2点のビハインドに10人という絶体絶命の状況で、2-2に追いつき決勝へと駒を進めた。

この試合は58.3%の票を集め、24%を得票した今シーズン頭のアヤックスと4-4で引き分けた試合に大きく差をつけている。

2009年にはリヴァプールと4-4で引き分け、この試合は10%の得票。中でもタイからの投票が多かったようだ。

タイではバルサ戦に続きリヴァプール戦という結果、日本ではアヤックス戦が80%の得票率でトップに。インドネシアではアヤックス戦が64%を集めた。

動画を見て、あの名勝負を思い返そう!

チェルシーからその他