ニュース

限定映像: トレーニングを再開したチェルシーの第一歩

コブハムでのトレーニングを再開したチェルシーFC

今週から少人数でのトレーニングが再開。チェルシー公式ウェブサイトではコブハムでの様子を見ることができる...

プレミアリーグのプロトコルやイギリス政府のガイドラインに従い、ソーシャルディスタンスを守った上で火曜日の午後からトレーニングが再開。2か月ぶりに選手やスタッフたちが戻ってきた。

ロックダウンによってチームは長期間の自粛を迫られていたが、フランク・ランパードとそのスタッフもトレーニングに立ち会っている。

プレミアリーグの株主総会は月曜日、全会一致でソーシャルディスタンスを守ったトレーニングの再開を決定。しかしながら接触を伴うトレーニングは認められておらず、選手たちはフィットネス面のトレーニングに重きを置いている。

それでも上のビデオのようにルベン・ロフタス=チークとランパードはソーシャルディスタンスを守ってトレーニングに励み、マテオ・コヴァチッチは自身のスキルアップに努めたようだ。

第一段階のトレーニングは選手、監督、チームドクター、専門家、政府との協議によって決定。

厳格な医療プロトコルによって、全員が可能な限り安全な環境でトレーニングを行えるようになるだろう。

全ての人々の健康と安全がプレミアリーグの掲げる最優先事項であり、トレーニングの再開は段階的に行われる。5月26日(火)に行われる次のプレミアリーグ会議で、クラブは次のフェーズに移るプロトコルを協議する予定だ。

チェルシーからその他