ニュース

メディアウォッチ:トップクラブがキングに注目、ルブーフがブンデスリーガプレイヤーを称賛、ファブレガスが自身とディエゴ・コスタの契約時のモウリーニョに言及

チェルシーに関するメディアの情報をピックアップ。2人の元チェルシーの選手がコメント。1人はビデオ出演だ…

 

情報はいずれも外部メディアのもので、チェルシーフットボールクラブの見解や立場に則ったものではありません。

スカイスポーツ(英語)によると、チェルシーを含め4クラブがボーンマスのストライカー、ジョシュア・キングを注視しているという。

キングはボーンマスで5シーズンを戦っているが、以前所属していたマンチェスター・ユナイテッドも関心を持っているという。スカイスポーツは以下のように報道:

「キングはボーンマスと1年契約を残しているが今夏に旅立つようだ。5年前にブラックバーン・ローヴァーズからボーンマスに加入して以降48ゴールを決めている」

「今季プレミアリーグのトップ6クラブの内4クラブが獲得に興味を持っている」

「キングは真ん中でもサイドでもプレー可能で、ボーンマスでも良い影響を与えていた」

「チェルシーの監督であるフランク・ランパードはこの選手を移籍市場が開いた時に攻撃のオプションとしてチームに加えたがっている」

フランクがハフェルツをコウチーニョ以上に評価

ブンデスリーガは再開しているが、2週間連続でゴールを奪ったのはバイヤー・レヴァークーゼンのカイ・ハフェルツ。元チェルシーのフランク・ルブーフがメトロ(英語)のインタビューにチェルシーは注視すべきだとコメント。

元チェルシーのミヒャエル・バラックも20歳のハフェルツに言及。ルブーフは最近のハフェルツを分析: 

「ハフェルツのメンタリティは好みだね。30歳かのような落ち着きぶりだ。そして何をすべきか、いつすべきかを知っている」

「チームの指揮者のようなものだ。先週にも話したが、チェルシーは獲得すべきだと思うね」

「コウチーニョについても話していたが、ハフェルツを見たときすぐにプレミアリーグに来るべきだと思った。高い才能を持ち合わせているからね」

ルブーフはチェルシーがコウチーニョと繋がっているという噂に疑問を持っていた。コウチーニョは現在バルセロナからバイエルン・ミュンヘンへとローン移籍中。


セスクがモウリーニョのパズルを完成させる

2014年にバルサからチェルシーへと加入したセスク・ファブレガスは自身の移籍を加速させたディエゴ・コスタの加入について話した。

現在モナコ所属のMFであるファブレガスはユーチューブにおいてザ・ロッカールーム(英語)と呼ばれるリオ・ファーディナンドのインタビューに答えた。

当時チェルシーの監督であったジョゼ・モウリーニョとの関係性についてセスクはコメント。: 

「ジョゼは自分のシステムを持っていたが、そのシステムは非常に上手くいっていた。システムが上手く行くために何人かの選手がいたんだ」

「モウリーニョは言ったんだ。『我々はディエゴ・コスタと契約する。君が来てくれればこのチームはタイトルを獲得できる』とね」

「初めて会った日2人の選手が必要だと言っていたね。ディエゴ、そしてティボー・クルトワが来る可能性があった。もし来なくてもペトル・チェフがいたからそれほど変わりはなかったけれどね。そして『君がくれば優勝できる』と言っていたよ」

モウリーニョの推測は正しく、ファブレガス加入のシーズンでチェルシーはプレミアリーグを制覇。ディエゴ・コスタとセスクはこの優勝に大きく貢献。
 

チェルシーからその他