ニュース

メディアウォッチ:アヤックスから新たに獲得、バカヨコがローン移籍、復帰を目指すムソンダ

今日もチェルシー関連の情報をピックアップ。アヤックスからさらに獲得か、ティエムエ・バカヨコのロンドン復帰の噂など。

情報はいずれも外部メディアのもので、チェルシーフットボールクラブの見解や立場に則ったものではありません。

アヤックスのサイドバックに食指

テレグラフ紙によれば、アヤックスとチェルシーはサイドバックのニコラス・タグリアフィコについて交渉を進めるとのこと。

すでにハキム・ツィエクの移籍で2月に合意している両クラブは、さらなる移籍市場での動きを見せそうだ。

「チェルシーは左サイドバックのニコラス・タグリアフィコを2240万ポンドで獲得しようとしている」と同紙。

「あとはランパード監督がタグリアフィコを望むかどうかの問題だ。移籍金はかなりリーズナブルな設定で、イングランド行きを望む本人も前向き」

27歳のタグリアフィコは、2018年1月からアヤックスに移籍。リーグ戦99試合で12ゴールを記録している。


バカヨコがハマーズへ?

ザ・サンは、ウェストハム・ユナイテッドがローンでのティエムエ・バカヨコ獲得を目指していると報じた。

チェルシーでのポジションを失い、ADミラン、モナコへとローンが続いているバカヨコ。ここに続いてさらなるローン移籍の噂が浮上した。

「ハマーズのデイヴィッド・モイーズ監督が、今夏のバカヨコ獲得を目指している」と同紙。

「また過去にローン移籍していたACミランも、再度獲得を狙っている」

「さらにPSGも獲得を検討しているようだが、チェルシーの設定する3100万ポンドの移籍金がネックとなっているようだ」

「まずはウェストハムが降格を免れることが先決だが、バカヨコにとってはプレミアリーグでアピールする再チャンスとなる」

 

ムソンダが長期離脱から復帰

チャーリー・ムソンダが、ほぼ2シーズンを棒にふった膝の怪我から復帰間近だとスコティッシュ・サンが報じている。

チェルシーアカデミー出身のムソンダは、この2シーズンをフィテッセへのローン移籍をしていたが、怪我のため出場はわずか4試合にとどまっている。

「7ヶ月前、膝の腱の手術をした。プロとしてフットボールに復帰するのは、20%くらいの確率だと言われたよ」と話す23歳のムソンダ。

「ほぼ4年、しっかりプレーできていない。でも復帰を目指す。まずは4ヶ月ぶりの練習からだね」

「絶対に諦めたりはしない。厳しいかもしれないけど、頑張るよ」

チェルシーからその他