ニュース

メディアウォッチ:ブルーズがベンチ要員の増加を要求、ダニー・イングスがチェルシー戦を回顧、アレックス・テレスに移籍の噂

今日もチェルシーに関するメディアの情報をピックアップ。ブルーズがリーグ戦において9人のベンチ入りを要求、ダニー・イングスが高いレベルでのプレーしていると実感した時についてコメント。

情報はいずれも外部メディアのもので、チェルシーフットボールクラブの見解や立場に則ったものではありません。

ベンチ入りメンバーの増加を提案

デイリー・メール(英語)によると、チェルシーがプレミアリーグに残りのシーズンでベンチ入りできるメンバーを7人から9人に増やすように提案したという。

この提案はシーズンがコロナウイルスの影響で長い間中断していたため怪我のリスクが高いと判断し出されたと報道。

「この提案は木曜日のシェアホルダーたちで話し合われ、翌週の6月11日に投票が行われる」

「このチェルシーの提案は長い間の中断、これから6週間で9試合が行われることで怪我のリスクが高いとし、提案されたものである」

「この提案が承認されてもすぐさまに決定する訳ではないが、先月交代枠を5人に増やすと決定したIFABもこれに関して考慮する」

シュールレのゴールで目を覚ましたイングス

ダニー・イングスがスカイ・スポーツ(英語)に話したところによると、2014年のバーンリー戦でのアンドレ・シュールレのゴールでプレミアリーグのクオリティーの高さに気づいたという。

チャンピオンシップから昇格を果たし、イングスとバーンリーは2014/15シーズンの開幕戦でブルーズと対戦。シュールレに目の覚めるようなゴールを決められた。

14分にはリードを奪ったバーンリーだったが、そのわずか7分後にはディエゴ・コスタが同点ゴールを決めると、セスク・ファブレガスの見事なノールックパスからシュールレが2点目。

「バーンリーが昇格してからの初戦がチェルシー戦だった。ジョン・テリーが自分のマークについたよ」とコメントしたイングス。

「本当にプレミアリーグへようこそって感じだったね。セスク・ファブレガスのパスからのアンドレ・シュールレのゴールが生まれたのは覚えているよ」

「驚いたし、これがプレミアリーグかって思ったね」

チェルシーがテレスとの契約に向けリード?

サン(英語)によると、チェルシーはポルトのDFであるアレックス・テレスとの契約に向け一歩リードしているようだ。

PSGへの加入も噂されていたが、現在はプレミアリーグへと移籍するのではないかと言われている。

「チェルシーはポルトのDF、アレックス・テレスとの契約に向けPSGをリードしている」

「ポルトで見事なシーズンを送っているテレスは40試合で10ゴールを記録しているが、チェルシーは左サイドバックとして理想的だと考えている」

「攻撃の才能を高く評価されているテレスは公式戦で9アシスト」

「ポルトは2021年まで契約を残しているが、今夏売却の可能性があり、530万ポンドを要求している」

チェルシーからその他