ニュース

チェルシーFCウィメンがWSL優勝に認定

先月発表された2019/20シーズン終了を受けて、チェルシーFCウィメンがバークレイズFAウィメンズスーパーリーグ王者となった。

首位マンチェスター・シティと勝ち点1差の2位だったブルーズだが、1試合未消化のまま新型コロナウイルス感染拡大のためリーグ終了が発表されていた。

今回FAの役員会議を経て、1試合ごとの平均獲得勝ち点を反映させることが決定。エマ・ヘイズ率いるブルーズは今シーズン無敗だったため、ウィメンズスーパーリーグ優勝に認定された。また同時に、来年のウィメンズチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。

FAからの声明は以下の通り

FAの役員は多数決により、2019/20シーズンのバークレイズFAウィメンズスーパーリーグ及びFAウィメンズチャンピオンシップの順位を、昇格降格含め、1試合ごとの平均獲得勝ち点(PPG)にて決定することとした。

この結果、FAは2019/20シーズンのバークレイズFAウィメンズスーパーリーグの優勝はチェルシーFCウィメンに、2019/20シーズンのFAウィメンズチャンピオンシップの優勝はアストンヴィラ・ウィメンFCに決定するものとする。

加えて、2019/20シーズンのバークレイズFAウィメンズスーパーリーグ上位2位に入ったチェルシーFCウィメンとマンチェスター・シティ・ウィメンFCは、2020/21シーズンのUEFAウィメンズチャンピオンズリーグ出場権を獲得するものとする。

これにより最終的な順位が決定し、アストンヴィラ・ウィメンFCは2020/21シーズンのバークレイズFAウィメンズスーパーリーグに昇格するものとし、リヴァプールFCウィメンは2020/21シーズンのFAウィメンズチャンピオンシップに降格するものとする。また2019/20シーズンの結果は、ティア3からティア7までのリーグピラミッドには反映しないものとし、FAウィメンズチャンピオンシップとティア3間における昇格降格は今シーズンは行わないとする。

全ての決定はFAの役員会によるものとし、2019/20シーズンについて最も適切なスポーツの結果を反映させたものである。FAの役員会は、クラブによる綿密な協議を経て提供されたFAウィメンズスーパーリーグ及びFAウィメンズチャンピオンシップの役員からの提案を十分に加味した決定を下している。

FAは今後もクラブ及び株主と共に来シーズンについて協議を進め、2020/21シーズンの開始予定日についても設定を進めるものとする。

また2019/20シーズンのウィメンズFA杯準々決勝以降の開催については、FAウィメンズの役員により今月末協議が行われる。2019/20シーズンのウィメンズFA杯の今後については、また再度報告をする予定である。

チェルシーからその他