インタビュー

特別インタビュー:ランパードが日程、無観客試合、身体の状態についてコメント

最後に試合を行ってから3ヶ月が経ったが、シーズン再開に向けてここ数日間はトレーニングを行なった選手たち。

金曜日にはリーグ戦3節分の日程が発表され、またFA杯準々決勝の日程も発表された。昨日はロックダウン後初となるスタンフォードブリッジでの紅白戦が行われた。

紅白戦後インタビューに答えたフランク・ランパードはこれからの試合について、選手たちの状況についてコメント。

「ワクワクしているよ。試合が待ちきれないね。試合の順番は変わらないと思っていたけれど、(FA杯があるため延期された)マンチェスター・シティとの試合は気になっていたよ」

「久々の試合だったが、試合の日程が決まってくれて嬉しいね。日程が決まるのを待っていたし、アストンヴィラ戦に向かっていくよ。その後も試合はすぐにやってくる。正しい準備をすることが大切だ」


再開後初戦について

アストンヴィラ戦が再開後の初戦となるが、4日後にはホームでマンチェスター・シティと戦う。下から2番目とチームと上から2番目のチームと戦うことに。

「オフの時間がたくさんあり、順位やポジションについて考える時間があった。皆がこれについて考えていたはずだ」とコメントしたランパード。「9試合はそれぞれ違った困難な理由がある。最初の2試合がいい例だ。アストンヴィラは下位に沈んでいるが、シティはレベルが高い。スタートが難しいから準備が必要だ」

無観客試合について

2019/20シーズンの残りは選手や監督にとって違った形で行われるのは言うまでも無い。スタジアムにはファンがいないことになる。

「フットボールでは準備が必要なんだ」とランパードは指摘。

「状況が変化しやすい中でできる限りの準備をしていきたい。選手たちとはこのことについてもう話しているんだ。皆にとって違う状況になっている」

「試合のペースも変化するだろうし、雰囲気も変わるだろうね。ドイツでの試合を見たが、適応の必要がある。出来ることは自分たちがその状況に適応することだ。これまではプレシーズンを長く行なってきたから、短期間では難しいことだ」

「これには取り組んでいるし、この変化によって自分たちのパフォーマンスに影響が出ないようにしているよ」

無観客試合が行われるという点では、昨日のスタンフォードブリッジでの試合はこれからに向けいい準備となるだろう。

第2段階のトレーニング

「接触が認められるようになったのはいいことだね」と話したランパード。「選手たちは大人数で接触を伴ったトレーニングを行なっている。試合に向け徐々に仕上がっていると思う」

「再開までもう2週間ある。いつもはこれよりも時間があるはずだが、状況が状況だ。選手たちはトレーニングで一生懸命やってくれているし、ギャップを埋めようとしてくれている。コーチングスタッフとしては行き過ぎないようにバランスを取らなければいけない」

「これから困難も待ち受けるだろうが、これがフットボールだ。選手たちの調整が上手くいき、アストンヴィラ戦に向けて準備していきたいね」
 

チェルシーからその他