分析

今シーズンここまで:セサル・アスピリクエタ

間も無くリーグ戦が再開。今回はキャプテンの今シーズンここまでを振り返っていこう。

セサル・アスピリクエタはギャリー・ケイヒルの退団に伴い昨夏にキャプテンに就任。ここまでチェルシーで8シーズンを過ごしているが、コンスタントに活躍…

セサル・アスピリクエタ:37試合出場4ゴール、3アシスト

「アスピリクエタとは共にプレーもした。彼のことはよく知っているよ」とランパードは続けた。「彼は最初に立ち上がる男だ。なぜならキャプテンであるし、プロの精神を持ち合わせており、態度も素晴らしいからね。クラブにとって欠かせない選手だ」

チェルシーでは頼りになるセサル・アスピリクエタ。引き分けに終わった8月のシェフィールド・ユナイテッド戦後のランパードのアスピリクエタに対するコメントはこうだ。:「アスピリクエタのプレーを見ればこの批判が続くことはない」

これまでの全ての監督のようにランパードはアスピリクエタを積極的に起用。リーグ戦29試合のうち26試合でフル出場を果たし、2試合は出場せず、トッテナム戦にはハムストリングの怪我で欠場している。チャンピオンズリーグ、FA杯ここ最近の2試合でスタメン出場を達成している。

キャプテン

クラブのキャプテンとして初めてのシーズンを過ごすアスピリクエタだが、2017/18シーズン、2018/19シーズンには副キャプテンとして70試合以上でアームバンドを巻いていた。

アスピリクエタは自身で、「たとえトレーニングであっても、試合であっても常に勝利したい」とコメントしている。今まで以上に若返ったチームにとっては欠かせない精神だろう。

今シーズンのポジションは?

アスピリクエタはそのユーティリティー性を生かしランパードの下4つの異なったポジションでプレー。シーズン序盤は右サイドバックで、フォーメーションが変わると右ウィングバックなどでもプレー。

ウルヴズ戦の勝利に貢献すると、アスピリクエタは再び右サイドバックへ。その後リース・ジェイムズが台頭してくると左サイドバックへと移った。最近では3バックの右サイドを務めた。このポジションは優勝した2016/17シーズンに担当したポジションだ。

ジェイムズにポジションを脅かされているアスピリクエタだが、このジェイムズのチェルシーデビューでは手助けをしており、チャンピオンズリーグのリール戦でもアドバイスを送っている。

「リースはウィガンで見事なシーズンを過ごした」とコメントしたアスピリクエタ。「質の高さを見せているし、力強く、素晴らしい態度だ。とにかく手を貸したいと思う」

ゴールゲッターアスピリクエタ

今シーズンの初ゴールは4-4と引き分けたアヤックス戦で生まれた。ハーフタイムに投入されたジェイムズが同点弾を奪っている。アスピリクエタのゴールでチームは4-2と2点差に迫った。ジェイムズのゴールの直後再びゴールが生まれたかに見えたが、VARで取り消しに。

チャンピオンズリーグの翌リール戦でもゴールを決めたアスピ。1月のブライトン戦、アーセナル戦でもネットを揺らした。アーセナル戦でのゴールは終盤に決めたもので試合を決める一発であった。

ここまでで4ゴールを決めているアスピリクエタ。すでにアシストも3つを決めており、ノリッチ戦でのタミー・エイブラハムのチェルシー初ゴールをお膳立て。またカラム・ハドソン=オドイのリーグ戦初ゴールでもアシストを記録している。

ここまでチームに欠かせない存在感を放っているキャプテンのアスピリクエタ。リーグが再開した後も必要な選手となってくるだろう。

セサル・アスピリクエタのスタッツ

セサル・アスピリクエタのプレミアリーグ出場数 2019/20

セサル・アスピリクエタはリーグ戦27試合に出場。全てがスタメンだ。

セサル・アスピリクエタのチャンピオンズリーグ出場数 2019/20

セサル・アスピリクエタは7試合に出場。全てがスタメンだ。

セサル・アスピリクエタのFA杯出場数 2019/20

セサル・アスピリクエタは直近2試合でスタメン出場。

セサル・アスピリクエタのカラバオ杯出場数 2019/20

セサル・アスピリクエタはカラバオ杯に出場していない。

セサル・アスピリクエタのゴール 2019/20

セサル・アスピリクエタはここまで4ゴールを決めているが、加入した2012年以降で最高の折り返しとなっている。1月のブライトン戦、アーセナル戦でゴールを奪っており、チャンピオンズリーグではアヤックス、リール相手にネットを揺らしている。

チェルシーからその他