ニュース

プレミアリーグがBlack Lives Matter運動を支援

プレミアリーグは金曜日、'Black Lives Matter'をユニフォームにプリントし、試合で膝をつくパフォーマンスを支援するとコメントした。

プレミアリーグ全20クラブの選手からの声明

「我われ選手は、堅く一致団結し人種差別の撲滅を進めるとともに、あらゆる肌の色や信仰を持つ人々が平等に敬意をもつ社会を目指している。選手、スタッフ、クラブ、マッチオフィシャル、プレミアリーグからの決意表明である。 #blacklivesmatter #playerstogether」

プレミアリーグからの声明

「プレミアリーグは選手、クラブ、FA、EFL、PFA、LMA、PGMOL、そしてあらゆる形で人種差別に反対する人々の味方である」

「リーグは選手の意思を尊重し、2019/20シーズン再開後の12試合において、ユニフォームの選手名を"Black Lives Matter"に差し替えることに賛成する」

「Black Lives Matterのロゴは今後もシーズン終了までユニフォームにプリントされ、また新型コロナウイルスと闘うNHSへの感謝の意を込めたバッジも並べるものとする」

「加えてリーグは選手に対し、試合前あるいは試合中の"膝をつく"行為を支援する」

「プレミアリーグは断固として人種差別に反対し続ける」

#NoRoomForRacism

チェルシーからその他