分析

今シーズンここまで:ウィリー・カバジェロ

今シーズンここまでを振り返る次なる選手はウィリー・カバジェロだ…

アストンヴィラとの対戦で再開を迎えるプレミアリーグ。3月に中断を余儀なくされる前までの選手たちの活躍を振り返ってきたが、今回は南アメリカ出身のカバジェロを紹介...
 

ウィリー・カバジェロ:9試合出場、クリーンシート1試合

「このクラブにいてくれてありがたいよ。プロ意識が高く、トレーニングでもその才能を見せている」

1月にフランク・ランパードが当時第2GKであったカバジェロについてコメント。この時までにカバジェロは国内のカップ戦にのみ出場していたが、この後5試合連続出場。

第2GKとしての活躍

2017/18シーズンはティボー・クルトワ、それ以降はケパ・アリサバラガがレギュラーを務め、カバジェロは加入以降第2GKとしてプレーしてきた。21試合に出場しているが、リーグ戦はその内5試合。

ランパード政権下での初戦は9月のカラバオ杯、グリムズビー・タウン戦。その後次のラウンドでもスタメンに名を連ねたが、PKとFKからマーカス・ラッシュフォードに2度ネットを揺らされ、ユナイテッドに敗戦。

新年のFA杯3回戦では、ノッティンガム・フォレスト戦でクリーンシートを記録したカバジェロ。チームは勝利し4回戦でハル・シティと対戦。リーグで厳しい結果が続くと、ランパードはカバジェロをスタメン入りさせることが増えた。 

ケパとの争い

チェルシーのキャリアで初めてカバジェロは2月にプレミアリーグ連続スタメン出場を果たした。ホームではユナイテッドに敗戦したが、勝利したトッテナム戦、バイエルン戦、ボーンマス戦で先発出場。

FA杯のリヴァプール戦ではケパがスタメン復帰すると、前半には3つのスーパーセーブを見せる。そしてウィリアンが見事な一撃。

トレーニングや試合でのパフォーマンスがスタメン出場に影響を与えるというが、ランパードはこのクリーンシート以降ケパをスタメンに。5日後の勝利したエヴァートン戦でもケパがスタメンに名を連ねていた。

多くの課題がある中、ケパとカバジェロの2人の調子がいいことは嬉しい悲鳴で、アストンヴィラ戦に注目が集まる。

さらにもう1年

先月、カバジェロがもう1年チームに残ることが発表された。これでブルーズでの4年目を迎えることとなる。

延長に際してカバジェロは以下のようにコメント:「とても嬉しいよ。今のチェルシーの一員でいることを誇りに思う。プレミアリーグを代表するクラブのひとつだからね」

ランパードもこの契約延長に関しては前向きのコメント。「来シーズンも居てくれるのはありがたいことだよ」と話したランパード。

ウィリー・カバジェロのスタッツ

ウィリー・カバジェロのプレミアリーグ出場数 2019/20

カバジェロは4試合に出場。直近の出場は2月の引き分けに終わったボーンマス戦。

ウィリー・カバジェロのチャンピオンズリーグ出場数 2019/20

カバジェロはバイエルン戦1試合に出場。

ウィリー・カバジェロのFA杯出場数 2019/20

カバジェロはノッティンガム・フォレスト戦、ハル・シティ戦の2試合に出場。

ウィリー・カバジェロのリーグ杯出場数 2019/20

カバジェロは2試合に出場。

ウィリー・カバジェロのクリーンシート数 2019/20

カバジェロの最初のクリーンシートは2-0で勝利したFA杯のノッティンガム・フォレスト戦。

他の選手のこのシリーズはこちらから

チェルシーからその他