ニュース

ランパード:ヴェルナーの加入に言及

ちょうど先日、ティモ・ヴェルナーの獲得で合意したチェルシーとライプツィヒ。メディカルチェックを経て加入するが、フランク・ランパードがヴェルナーに言及。

およそ3ヶ月ぶりにコブハムで試合前記者会見に臨んだランパード。ヴェルナーに関して、いつからチームに加わるのかについてコメント。

「チームの好みの選手だ」と話したランパード。「長い間追っていたし、この仕事を受ける前から才能ある選手だと思っていたよ」

「クラブとして追っていたし、個人的には自分たちを強化してくれるはずだと感じている。才能を持っているし、今シーズンもそれ以前も素晴らしい活躍だ。これまでの移籍期間では補強することができなかったから、何人かの若い選手を使ってきた。それでも改善の必要はあるし、ティモ・ヴェルナーの加入でチームは良くなる」

「チェルシーでのプレーが楽しみだね。これからに期待しているよ。シーズンをより良く終わらせるために戦っていく必要があるが、来シーズンにはヴェルナーが加入する」

ヴェルナーはヨーロッパのクラブの多くが狙っており、プレミアリーグ首位のリヴァプールの関心があると言われていた。ランパードは獲得のためにしっかりと交渉したとコメント。

「懸命に交渉したし、ヴェルナーとも個人的に会話をした。自分たちがしてもらいたいこと、どのようにプレーしたもらいたいかを理解してもらった」

「いくつかの良い選択肢があったからヴェルナーにとってはワクワクするようなものだっただろうね。最終的にこのチームを選んでくれて嬉しいよ」

「チームの求めていた選手像だ。ここにきた選手は大きなインパクトを残すことが期待される。適応の時間を与えないといけないね。プレミアリーグは他のリーグとは少し違うんだ。ティモは才能もあるが、話した時、仕事に対する態度、人間性が素晴らしいと感じた。色々な面で期待しているよ」

コロナウイルスの感染拡大で、移籍市場や試合がいつもとは違うが、メディカルチェックが終わるまでは油断できないとした。またライプツィヒもまだ試合が残っている。またチームによっては短期的な契約を選手と結ぶ必要性もあるだろう。

ウィリアン、ペドロは公式にはもうすぐ契約が切れるためにこの対象となる。

ランパードは自身のこれからのために短期的な契約を結ばない選手にコメント。

「クラブとして、短期的な契約を打診している選手たちには残ってほしいんだ。コロナウイルスの影響もあるが、来週までに解決策を見つけたい。シーズンを始めた時と同じメンバーで終えるのが良いことだからね」

新たなストライカーが加入したことで、タミー・エイブラハムについてコメントしたランパード。

「競争について前にタミーと話したよ。加入することで競争が生まれるような全ての選手が必要だとは思わない。それが全てだ」

「タミーはここまで素晴らしいシーズンを送っている。そしてこのまま成長を続けて欲しい。これがチェルシーの求めるところだ。FWに選択肢が増えるのは良いことだ。競争はある程度必要なことだし、好ましい」

チェルシーからその他