マッチレポート

マッチレポート:レスター 0-1 チェルシー

FA杯で好調なロス・バークリーがまたもやゴールを決め、チェルシーが準決勝進出を決めた。

リーグでは3位と4位の両チーム。ランパードの3枚交代がピタリとはまった結果となった。

前半こそ少し低調気味のパフォーマンスであったチェルシーだが、後半から徐々にギアを上げた。準決勝は7月、ウェンブリーで行われる予定。

ウィリアンが決勝アシスト

レスターが開始から攻勢に

開始15分にはエンディディがフリーでヘディングを見せるなどレスターが好調なスタート。

ブルーズはディフェンス面で集中力が試される時間となった。

カンテが古巣相手にスタメン出場

尻上がりのチェルシー

徐々にボールを保持し始めたチェルシー。2月に2-2と引き分けた際にはセットプレーからリュディガーが2ゴール。今回もクリスティアン・プリシッチがセットプレーからヘディングを放ったが、これはシュマイケルが難なくキャッチ。

プリシッチがドリブルを見せる

今季FA杯で無失点であり、リーグでも2位のディフェンス力を誇るレスター。これを崩すのは至難ではあったが、30分頃にはプリシッチに絶好のチャンス。しかしこれはシュマイケルがセーブを見せた。

一方で後半が始まりバーンズ、ヴァーディにチャンスがあったものの、それ以降はレスターにほとんどチャンスがなかった。

控え選手が躍動

ハーフタイム明け、セサル・アスピリクエタ、マテオ・コヴァチッチ、バークリーを投入したランパード。この交代でテンポが変化した。

そして後半開始してから18分、アスピリクエタ、ウィリアンのコンビネーションからウィリアンが中へクロス。

バークリーが先制ゴール

エリア内のエンディディの背後へと走り込んだバークリーがそのクロスボールをゴールへと流し込み先制。これがバークリーにとって今季のFA杯での3点目となり、大きなアドバンテージとなった。

そのまま試合終了

残り30分でも多くのチャンスを作ったチェルシーだったが、バークリーに得点直後に再びチャンス。左足でシュートを放ったものの、シュマイケルの正面へ。

カバジェロもチルウェルのシュートを防ぐなどしっかりとゴールマウスを守り切った。アディショナルタイムにチャンスを作ったレスターだったが、アスピリクエタのディフェンスなどもありゴールには至らず。

このまま試合は終了し、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドが待ち受けるベスト4へと進出。もう1チームはこの試合の後に決まる。

セーブするカバジェロ

チェルシーにとってはラッキーなレスター

FA杯でレスターとは過去6度対戦しているが、直近4回の勝利を記録したシーズンでは同大会全てで優勝を果たしている。

今回の勝利で優勝まで残り2勝となったチェルシー。過去19年で準決勝に10度進出したのはチェルシーのみとなっている。

カップ戦でのスタメン変更

過密日程の中で行われた今日の一戦。マンチェスター・シティ戦からはスタメンを6枚変更した。

アントニオ・リュディガーの2ゴールで2-2と引き分けた2月のレスター戦と同じようにタミー・エイブラハムが前線に。リュディガーもクル・ズマとCBに入った。

チェルシー カバジェロ;ジェイムズ(アスピリクエタ HT)、ズマ、リュディガー、エメルソン;カンテ、ギルモア(コヴァチッチ HT);ウィリアン(c)(ペドロ 78)、マウント(バークリー HT)、プリシッチ(ロフタス=チーク 72);エイブラハム

控え ケパ、アロンソ、ジョルジーニョ、バチュアイ
得点 バークリー 63

レスター・シティ シュマイケル;ジャスティン、ソユンク、エヴァンズ、チルウェル;ティーレマンス、エンディディ、ペレス(オルブライントン 57)、プラート(チョードゥリー 57)、バーンズ(グレイ 76);ヴァーディ
控え ウォード、モーガン、フックス、ベネット、メンディ、イヘアナチョ
警告 ソユンク 23

主審 マイク・ディーン

チェルシーからその他