マッチプレビュー

ウェストハム vs チェルシー - スタッツ

順位表では対称的に位置する両クラブが、ロンドンダービーを戦う…

2002/03シーズン以来となる、ブルーズ相手のシーズンダブルを狙うウェストハム。当時のチェルシーはクラウディオ・ラニエリが率いて、フランク・ランパードとジョディ・モリスが選手として出場していた。なおこの時の2003年5月3日、アップトン・パークでの試合はモリスにとってチェルシー最後の試合となった。スタンフォードブリッジでの試合ではパウロ・ディ・カーニオが2ゴールを決めて3-2で勝利しているものの、ウェストハムはこの年降格している。

ウェストハムは対ブルーズのプレミアリーグホームゲーム過去7試合のうち、3勝。チェルシー も3勝している。

対チェルシーのプレミアリーグ過去7試合で、ウェストハムは1点以上記録できていない。また2度無得点に終わっている。

チェルシーはウェストハムとのリーグ戦アウェイゲーム過去2試合で無得点。なお対ハマーズのアウェイゲームでリーグ戦3試合連続無得点で終わったことはない。

11月、スタンフォードブリッジでの試合ではアーロン・クレスウェルが唯一のゴールを記録している。

両クラブの最多得点差勝利記録

チェルシー 6-2 ウェストハム 1965/66
ウェストハム 4-0 チェルシー 1980/81
チェルシー 0-4 ウェストハム 1985/86
チェルシーの対ウェストハムアウェイゲーム – 4-0 2007/08

数字で見るチェルシー

国内リーグ・カップ戦で、過去11試合でわずか1敗。現在5連勝中。

6連勝となれば、2019年10月の7連勝以来の好記録。

2009年以来となる、プレミアリーグでにロンドンダービーアウェイゲーム4連勝を狙う。

今シーズンのプレミアリーグアウェイゲーム15試合で、クリーンシートはわずかに1回。12月に2-0でトッテナムを下した時のみ。

プレミアリーグ過去5試合、2ゴール以上を記録。

クリスティアン・プリシッチは今シーズンのプレミアリーグでここまで7ゴールを記録。21歳以下では最多の数字。

フランク・ランパードはチェルシーでの監督初年度ながら、ここまでペップ・グアルディオラ、ユルゲン・クロップ、ジョゼ・モウリーニョ(2回)を倒している。

チェルシーはマンチェスター・シティ戦で枠内シュート10本を記録。今シーズンのプレミアリーグでこの数字は4回目。ブライトン戦ホームゲーム(10本)、ワトフォード戦アウェイゲーム(10本)、エヴァートン戦ホームゲーム(11本)に続く。

マイルストーン

ウィリアンのシティ戦でのPKは、チェルシー通算60点目。チェルシーの海外選手では7番目の記録。


数字で見るウェストハム

1月10に以降、ウェストハムは勝ち点33中5ポイントしか獲得できていない。また3連敗中。

ハマーズは対トップ4相手のプレミアリーグ過去5試合連敗中。2019年11月にチェルシーで1-0勝ったのが最後。

2015年12月以来となる、プレミアリーグでは3試合連続無得点中。

今シーズンのプレミアリーグで、リードしながら勝ち点22を落としているのはリーグ最多。リードされてからは勝ち点1しか稼げていない。

今シーズンのロンドンダービーホームゲームは3戦全敗。トップディヴィジョンで4連敗となれば、1989年1月以来となる。

今シーズンはリーグ戦ホームゲーム15試合で8敗。勝利数は4。

チェルシーからその他