分析

フランク・ランパード氏インタビュー ウェストハム戦でチームが足りなかったところと、次に向けて

水曜日夜にブルーズが敗北した試合は既視感があった。 ウェストハムに今シーズン二度目の勝ち点3を奪われたのだ。これらの試合の共通点は結果ではない、とフランク・ランパードはロンドンスタジアムを去る前に熱心に主張した。

再開後の3試合を含む全公式戦での5連勝は、ウィリアンがペナルティとフリーキックで2得点したにも関わらず、途切れた。降格争いに巻き込まれる東ロンドンのチームに89分の決勝点を含む3失点を喫した。しかしランパードは敗北の原因をディフェンダーのみに求めなかった。

「私たちは、ディフェンダーだけでなく、ビルドアップにおいてミスを犯した。それが私たちの敗因だ」と彼は言った。

「すべてのゲームが異なるため、これを危険な兆候だとは思わない。私たちはこの先6試合ある。プレミアリーグで敗戦は驚くべきことではない。ミスを犯した場合や、ポゼッションを支配していたとしても決定的な仕事ができなければ起こりうることだ。」

「それはすでにわかっていることであり、受け入れなければならない。今や終わったことだ。これからの6ゲームに気持ちを切り替える必要がある。」

Read: Our match report on the game at West Ham
 

レスターもその夜の試合に負けており、勝利していれば11月以来初めて3位に上昇できたということは、さらに苛立たしい。

「今シーズン数回おきているが、ギャップを埋めたり、上位チームを越したりする機会を無駄にしている」とボスは振り返った。

それは私たちがどの程度のレベルにあるのかを表している。私たちがいきたい場所にたどり着くためにやらなければならない多くの課題があり、それこそが時間をかけて一貫性を築いてきたリバプールとマンチェスター・シティを他のチームが追いかけている理由だ。私たちが目指していかなければいけないことだが、フラストレーションを感じる。

「私たちがその程度のレベルにいるから、いかに切り替えて、いかに前進するかが重要だ。週末にはワトフォード戦があり、その後も試合は続く。チャンピオンズリーグ出場のため自分たちの置かれた立場を認識し、前進する必要がある。」

敗北はしたが、プリシッチの目覚ましいプレーはチェルシーファンのせめてもの慰めとなる。ランパードはそのことに同意した。

「それはとてもポジティブな要素であり、誰もが見てわかるように、上手くプレーしている。さらに、もう一人のウィンガー、ウィリアンは2つのゴールを記録した。クリスチャンはパフォーマンスが向上していたが、クリスマスごろに怪我をした。負傷により、長い間戻ってこれなかった。彼はフレッシュで、飢えている。そして才能を発揮してプレーできている。彼はさらに良くなるだろう。彼は能力のある若い選手だ。」

チェルシーからその他