ニュース

ブルーズの正装

完璧に仕立てられた2020-21チェルシーホームユニフォーム


チェルシーの2020-21シーズンホームユニフォームは、スポーツ分野の革新的な最新機能と、ロンドン伝統の優美な仕立てを融合させることで、サヴィル・ロウの空気感をスタンフォードブリッジにもたらすものとなる。

ウェストロンドンが誇る上質な仕立業や精巧な手工業の長き伝統にインスパイヤされたブルーズの新ホームキットは、ユニフォーム作りの新たな領域に踏み込むもの。甘美な手触り、モダンクラシックなデザインは、まさに首都で最もスタイリッシュなクラブにふさわしいものだと言える。

チェルシーがロンドンの生活の中に織り込まれているのと同じく、この町のファッション分野の豊かな伝統がこの新たなユニフォームに織り込まれる。我らが伝統のブルーがヘリンボーンニットとしてシャツ全体に微かに浮き上がり、華やかな装飾が添えられる。


今回のユニフォームはまた、新たなメインシャツスポンサーとなるモバイルネットワーク「Three」とのパートナーシップ開始を告げるものでもあり、その印象的なブランドロゴがユニフォーム前面に入れられる。チームメンバーの新たな一員として、Threeは我々が今まで以上に繋がり合う助けになるとともに、単なるユニフォーム上のロゴだけではない存在になりたいと望んでいる。パートナーシップ開始についての詳細は本日の発表をご参照いただきたい。

「本当にスマートなユニフォームだ。すごくチェルシーらしいよ」と生え抜きのストライカーであるタミー・エイブラハムはコメント。「ユニフォームの背景にある歴史を見て取ることができる。繊細なタッチの全てがまるで上質なスーツのようだ。来季の僕らが一番格好良く着飾ったチームになるのは間違いないね」


チェルシーの新たなホームキットはブルーのジャージとブルーのショーツ、ホワイトのソックスで構成される。味わい深いヘリンボーン柄がシャツとショーツの両方を覆い、洗練された布地の感触を生み出している。シャツの端は深いダークブルーの襟口と袖口で縁取られ、袖口には「CFC」のモノグラムが縫い込まれる。

「20/21シーズンにピッチに戻る時、このユニフォームを着るのが本当に楽しみ」とフラン・カービー。「WSLで優勝を飾ることができたのはクラブにとって本当に素晴らしい瞬間だったわ。来季はチャンピオンとして新しいユニフォームを着ることができる。本当に誇らしいことだと思う」

新ユニフォームの胴体側面にはダークブルーのラインが入り、そこには「The Pride of London」のフレーズが刻まれている。そのフォントも、インディゴのレタリングも、ロンドン製のスーツの内側に縫い込まれるラベルを思わせる。Nikeのスウーシュとチェルシーのライオンで飾られたホワイトのソックにより、頭から爪先までのシャープなスタイルが完成する。

「ロンドンはメンズの仕立ての中心地であり、このユニフォームは伝統の手作業からインスピレーションを得ている」。ナイキのフットボールアパレル部門副社長のスコット・マンソンはそう語る。「腕のいい仕立て屋の仕事に敬意を払うように、あつらえたような細部やトリムを採用することで、独特のスタイリッシュさを持つチェルシーのアイデンティティに合うような爽快な美感を生み出すことができた」

チェルシーの2020-21シーズンホームユニフォームは、本日行われるプレミアリーグのウェストハム戦で初めて着用される。公式オンラインストアおよびスタンフォードブリッジのメガストアでは7月9日より販売が開始される。

チェルシーの新ユニフォームは、選手たちがピッチ上で着用するものも、ファンに販売されるレプリカも、100%がプラスチックボトルからリサイクルされたポリエステル繊維で作り上げられている。環境への影響を低減したユニフォームで最大限のパフォーマンスを生み出すため、プラスチックボトルを回収し、洗浄し、融解させることで、素材となる上質な糸が生産される。

2010年以来、Nikeはサッカーユニフォームやシューズに用いるFlyknitの糸を生産するためリサイクルされたポリエステルを利用してきた。これまでに75億本のプラスチックボトルが処分場や水路から回収され使用されてきた。Nikeの持続可能性への取り組みについて詳細はこちら

チェルシーからその他